人間で40歳と言えば、体中のあちこちにメンテナンスが必要になる頃です。建物も同じで、メンテナンスを怠ればいろいろと傷みが目立ち始め、住まいの価値が一気に激減してしまいます。

築20~30年以上のマンションにおいて全面リフォームすると、500万~700万円くらいかかるのが一般的とされていますが、今回は築40年のマンションを、350万円の予算で蘇らせたYさんの事例をご紹介します。低予算でもリフォームでここまでキレイにできるということを知って、大切な住まいを長持ちさせましょう。

物置同然だった築40年のマンション

今回取材のご協力いただいたYさんのマンションは築40年を経過し、住まいのあちこちに傷みが見受けられました。

今回取材のご協力いただいたYさんのマンションは築40年を経過し、住まいのあちこちに傷みが見受けられました。

今回取材させていただいたのは東京都のYさん。マンションの一室を所有していますが、今までリフォームをしたこともなく、物置同然になっていました。手放すことも考えましたが、部屋のあちこちの傷みが激しく、資産価値が非常に低いという査定結果に、Yさんはがっかりしていました。

そこで今回のリフォーム計画となる訳ですが、Yさんは「予算を抑えつつも、水回りや内装といった住まいの主要部分を全面改装し、全く新しい住まいへと作りかえる」という目標を立て、リフォームの打ち合わせに臨むことにしました。

現場調査の結果、天井や室内壁、ふすまなどといった内装のあちこちに傷みがあり、また浴室と給湯器、キッチン、洗面台、トイレの水回り設備の老朽化が問題であることがわかり、予算を考慮しながらリーズナブルかつスッキリとしたリフォームを検討するに至りました。

仕上げの選択が費用を左右する!

Yさんはコストとのバランスを考慮し、クロス仕上げを諦め、塗装仕上げを選択しました。

Yさんはコストとのバランスを考慮し、クロス仕上げを諦め、塗装仕上げを選択しました。

当初はビニールクロス(壁紙)で内装をカラフルかつ割安にリフォームする予定でしたが、築40年以上経ったRC(鉄筋コンクリート)製のこのマンションでは壁にたわみや細かいヒビ割れが生じており、これが原因でリフォームしてもすぐにビニールクロスが剥がれてきてしまうことが想定されました。

このままの施工計画では、現在のコンクリート壁の上に下地材を貼り付ける必要があり、思ったよりも割高になってしまいます。そこで、少しでもリーズナブルにリフォームしたいYさんは、ビニールクロス仕上げをあきらめ、塗装仕上げを選択するに至りました。残念ながらカラフルな内装は実現できませんでしたが、代わりに真っ白の塗料で明るい感じの室内を作ることに計画を変更しました。その結果、当初見積額から約20万~25万円のコスト削減に成功したのです。

次のページでは、浴室とキッチンの入れ替えにおいてコストを抑えるために工夫したテクニックをご紹介します。