オーディオルーム
心置きなくピアノを奏でたり、スピーカーから流れる音楽に耳を傾けたり、リフォームでゆとりの暮らしを手に入れることができるのです。
オンとオフの切り替えが上手に出来たら、人はもっと楽しく快適に暮らせるはずです。「いつもは仕事に没頭しているけれど、我が家にいる間だけでも趣味を思う存分楽しみたい」というお考えの方は結構いるのではないでしょうか。

そんな皆さんにぜひ参考にしていただきたいリフォーム実例があります。千葉県山武郡にお住まいのKさんは、長年転勤の多い生活をされており、やっとセカンドライフを楽しめる段階になり、自分だけのオーディオルームを作りたいということで、自宅のリフォームに取り掛かりました。誰にも邪魔されず、そして気兼ねなく暮らす、そんな住まいを手に入れるためにかかった費用と、リフォームのポイントについてお話を伺いました。自分だけの部屋を作りたいと思っている方は必見です。

転勤にあわせてリフォームを検討開始

千葉県山武郡K邸
今回ご紹介するのは千葉県山武郡のK邸。これからの暮らしを楽しみにしているご夫婦の様子が十分伝わってきました。
今回取材にご協力いただいたKさんご一家は、ご主人(50代)と奥様の2人暮らし。お子さんたちはすでに巣立ってしまい、これからご夫婦2人でゆったりとした生活を検討しておられました。

ご主人のお仕事の関係で長く北海道で暮らしていたのですが、定年をまじかに控え、まもなく東京勤務になることがわかりました。そこで、これからは夫婦の趣味・ゆとりの時間を大切にしたいと考え、ずっと空家状態であった千葉のお住まいのリフォーム計画が持ち上がるに至りました。

雑務室
お子さんたちが巣立ち、眠った状態になっている部屋を、「オーディオルーム」にリフォームすることになりました。
今回のリフォームでKさんご夫婦には大きな夢がありました。ご主人は大好きな音楽をこだわりのスピーカーで楽しむこと、奥様は趣味のピアノを気兼ねなく演奏することです。幸いご夫婦の希望が「音楽」という共通項だったので、従来の居室を防音性能のある「オーディオルーム」に改造するという計画が立ち上がりました。

しかし現在のお仕事も当然のことながら続けなくてはいけません。どうしても譲れない2人の夢のリフォーム実現のため、Kさんご夫婦は北海道と千葉を行ったり来たりしながらのリフォームを覚悟しました。

工事の状況はメールで確認

工事中
リフォーム中は工事の状況をデジカメで撮影してもらい、メールで送ってもらうようにしました。(写真は防音シートを施工しているところ)
そんな中、東京本社へ仕事で出張することになり、千葉の自宅に一時的に戻れる時間が取れました。そういった時間を上手に活用し、地元のリフォーム業者と打ち合わせを重ねることができたのです。

実際の工事はKさんご夫婦が北海道にいる間に行われます。いくらリフォーム業者と信頼関係があったとしても、あとから不安になることがないように、リフォーム中は進捗状況や下地などの状況を、逐次デジカメで撮影してもらい、メールで送ってもらうようにしました。

また千葉に帰省する日程を調整して、リフォーム業者と現場で打ち合わせをしたり、状況確認をするようにしました。途中経過はデジカメ写真ででも確認できているので、より打ち合わせがスムーズになり、業者との信頼関係を作り上げていくことにも役立ったようです。

次のページでは、実際のリフォーム写真をご紹介いたします