子どもが急に体調を崩すと、親も冷静さを失ってしまい、症状や経過を上手に伝えられなくなることがあります。私たち小児科医にとって、子どもを普段から見ている親御さんからの情報は、病気を見つけるための検査や診断の大きな手助けになります。

以下に、診療時に教えてほしい項目をまとめました。 医療機関に行く時には、診察時間内で、なるべく分かりやすく子どもの状態を伝えるようにしてください。できればメモなどをしておくと、伝え忘れなどがなく安心です。

子どもの状態を正しく把握しましょう

子どもの状態をまずは観察してみてください。私も心がけていますが、小児科の医師は、診察室に入ってくる時から診察が始まり、診察し部屋を出ていく最後まで子どもの状態を診ています。

問診票などを使って、症状をチェック。書くことで冷静になれます

問診票などを使って、症状をチェック。書くことで冷静になれます

  • 意識はあるか、ぼーっとしていないか
  • 元気に返事をしてくれるか
  • 普段通り遊んでいるか
  • 食欲は普段通りあるか、ないならいつもよりどれくらい少ないか
  • 水分は摂取できているか
  • 普段の元気さを100としたとき、今は100か50ぐらいか、元気がなく0に近いか
  • 機嫌はいいか、特にあやすと笑ってくれるか

など、子供はなかなか自分で言ってくれませんので、母親、父親の子供の観察が大切です。


子どもの症状の伝え方

■発熱の伝え方
発熱はよくある症状ですので、発熱の程度や期間について、できるだけ詳しく伝えることが大切です。発熱の場合、顔の赤さや元気のなさに気づき、体温を計って分かったという方が多いです。

  • 発熱の時期 : 3日前、○月×日から、朝から、夜から など
  • 熱の高さ : 37度台の微熱、39度以上の高熱、38度程度 など
  • 熱の推移 : 夜になると上がる、1日中高熱、2日おきに熱が出る など

ワンポイント:小さい子供ほど、38度以上の高熱が頻繁に出ます。熱が高い割に元気な事があり、40度近くあっても元気な子もいます。発熱があっても元気かどうかも伝えてください。

■痛みの伝え方
乳児は泣くだけですが、幼児になると痛い所を指し示してくれます。どこを触ると泣いたり嫌がるかなどを医師に伝えてください。乳幼児の場合、医師は痛がる箇所を触りながら、子どもの表情を見ます。

  • 痛みの場所 : お腹、頭、背中、足 など
  • 痛みの時期 : 3日前、○月×日から、朝から、夜から など
  • 痛みの特徴 : ズキンズキン、チクチク など
  • 痛みの強さ : 我慢できないくらい、少し痛い、思い出したように痛い など
  • 痛みのきっかけ : 食事前、運動した時、テレビを見ていた時 など
  • 痛みの推移 : 毎日痛い、夜に痛い 朝だけ痛い、1日中痛い など

■咳の状態の伝え方
咳の仕方で、診断ができる病気もあります。オットセイの鳴き声のようなオゥオゥという咳は喉の病気、ゼイゼイという呼吸音が続く咳は喘息のことが多いです。咳は、小さな子どもの方が長く続きます。痰が出しにくく、咳きこみし過ぎて吐くことがあります。痰が上手に取れた場合、結核菌などの細菌検査ができるので持参してください。フタのついたきれいな容器に入れて持っていくとよいでしょう。

  • 咳の特徴 : 痰がからむ、乾いた咳をする など
  • 咳の時期 : 3日前、○月×日から、朝から、1ヵ月以上続く など
  • 咳の強さ : 吐くほど咳き込む、咳で寝れない、軽く咳をしている など
  • 咳のきっかけ : 走ると咳が出る、寝ている時に咳をする など
  • 咳の推移 : 毎日咳をする、朝と夜だけ咳をする、1日中咳をしている など

■鼻水の状態の伝え方
子どもの場合、鼻の空間が狭いのすぐ鼻づまりを起こします。鼻をかめない子どもは、治るのに時間がかかってしまいます。鼻水を吸引すると、ましになります。市販の器具で吸ってあげて、吸った鼻水を持参すると菌の検査することができます。鼻を吸う器具には、容器がついているので、それを持っていくとよいでしょう。

  • 鼻水の特徴 : 透明、青鼻、濁っている など
  • 鼻水の時期 : 3日前、○月×日から、朝から、1ヵ月以上続く など
  • 鼻水の強さ : 1日中出ている、鼻づまりがある など
  • 鼻水のきっかけ : 熱いものを食べると出る、寝ている時に出る など
  • 鼻水の推移 : 毎日鼻水が出る、外に出ると鼻水が出る など

■下痢の状態の伝え方
おむつをしている乳幼児の場合、下痢で、お尻が真っ赤になり、痛がることがあります。その場合おむつかぶれの薬を出します。できれば下痢便を持参しましょう。オムツならそのままビニール袋に入れて持っていきましょう。ウイルスや細菌の検査ができます。

  • 下痢の特徴 : 水みたい、柔かい、血が混じる、消化不良 など
  • 下痢の時期 : 3日前、○月×日から、朝から、1ヵ月以上続く など
  • 下痢の強さ : 1日中出ている、おむつをしないと間に合わない など
  • 下痢のきっかけ : 食べると出る など
  • 下痢の推移 : 毎日下痢になる、1日おきに下痢になる など

■嘔吐の状態の伝え方
吐いたものに含まれているものを観察しましょう。血が混じっているかどうか、色などを見ます。吐物は下痢便と違って検査しませんので、持参の必要はありません。ノロウイルスなどは、吐物を介して家族にうつる場合があるので、袋に密封してしっかりと処分してください。

  • 嘔吐の特徴 : 噴水のように吐く、ダラダラ吐く、血が混じる など
  • 嘔吐の時期 : 3日前、○月×日から、朝から、昨日から続け様に など
  • 嘔吐の強さ : 1日中吐いている、水分を飲んでも吐く など
  • 嘔吐のきっかけ : 食べると吐く など
  • 嘔吐の推移 : 毎日吐く、1日おきに嘔吐する など


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項