キッチンリフォームにかかる費用

いくらかけると、どんなキッチンリフォームができる?

いくらかけると、どんなキッチンリフォームができる?

家事をする人にとって、キッチンはまさに神聖なる領域とも言え、リフォームにおいても、少しでも使いやすく、そして美しくという思い入れやこだわりが強く反映される場所の一つとなっています。

そこで今回は、キッチンのリフォームを予算別にご紹介します。部分的に、あるいは全体的にリフォームすることで、思い描いているキッチン像に少しでも近づくための参考にしていただければ幸いです。

<INDEX>

かかった費用はどのくらい? 100万以下でも意外とできるキッチンリフォーム

キッチンリフォームと聞くと、何百万もかかるイメージがあるかもしれませんが、部分的なリフォームでも使いやすさが向上して、満足感のあるリフォームにできるのです。下記のグラフを見てください。
キッチンリフォーム価格分布

キッチンリフォーム事例の価格分布:ガイド調べ(2016年4月~2017年3月までの事例について集計)

実に金額にかかわらず幅広くキッチンリフォームが行われているということがお分かりになると思いますが、特に約45%が100万円未満という結果でした。これはキッチン本体を交換するのではなく、キッチンのパーツである収納やコンロなどの取り替えなども含まれていますが、十分キッチンリフォームになっています。

いきなりキッチン本体を取り替える、あるいはLDKを大改装するというイメージを膨らます前に、自分や家族にとってキッチンをどうしていくかを考えることが、リフォーム成功の秘訣と言えそうです。

10万円以下で作る美・キッチン

キッチンパネルリフォーム

不燃性で汚れに強いキッチンバックパネルで見た目もスッキリです。(画像提供:大建工業株式会社

早速、手軽なキッチンリフォームを見てみましょう。長年の使用でこびりついた油や、飛び散った水の汚れで気になるキッチン背面の壁。ここをお掃除しやすいキッチンバックパネルに取り替えるというリフォームがあります。汚れがこびりつきにくく、濡れた付近でサッと一拭きでき、お掃除が簡単です。

気になる費用は施工面積1~2m2であれば、材料費と工事費合わせて4万~7万円程度で、工期もほぼ1日で完了。リフォームの取っ掛かりとしては比較的取り組みやすいと思います。

また、水栓(蛇口)を取り替えるリフォームもおすすめ。水はねを極力抑えることができるソフトな吐水構造になっているものが多く、シンク周りのびしょびしょを防ぎます。さらに節水だけでなく、お湯のムダをカットする「節湯」水栓であれば、水道光熱費削減においてもメリットがありそうです。

リフォーム費用は水栓本体3万~6万円+工事費2万~3万円程度で、工事期間は約半日~1日です。近い将来、キッチンを取り替える予定があり、水栓だけ交換するのはちょっと気が引けるという場合でも、水栓をそのまま利用できるケースもありますので、そのような計画がある場合は、事前に業者と打ち合わせをしておけば無駄がなくリフォームができます。

【関連記事】キッチンの水栓金具の種類と特徴&選び方のポイント

10万~30万円で使い勝手を大幅改善!

続いてコンロの交換です。既存のシステムキッチンに組み入れられているビルトインコンロは取り替えることが可能です。両面焼きグリルつきや、天ぷら鍋の油の温度を監視してくれる安全機能などを搭載したガスコンロに取り替える場合、既存コンロを取り外して入れ替えるだけの比較的簡単なリフォームで済み、工期はわずか1日。本体価格8万~20万+工事費2万~5万円程度で完了します。

【関連記事】ビルトインガスコンロの特徴と傾向&選び方

また、フラットな構造でお掃除しやすく、より安全性の高いIHクッキングヒーターに取り替える場合は、本体及び取付工事の他に200V電気工事が生じますが、工期は同じく1日程度。本体価格20万~30万+工事費5万~10万円程度のリフォーム費用です。

【関連記事】IHクッキングヒーターの種類と特徴&選び方のコツ

もう1つビルトインで注目を浴びているのが食器洗い乾燥機。既存キッチンの一部を活用して食器洗い乾燥機をビルトインしてしまうリフォームがあります。メーカーによって設置条件がいくつかありますが、シンク下やキャビネットの一部を取り外し、食器洗い乾燥機を取り付けます。工期は1~2日で、本体価格15万~25万円+工事費5万~10万円程度かかりますが、卓上に設置する食器洗い乾燥機と比べ、キッチンがすっきりして、なにより食器洗いの時間をもっと有効に使えるようになるので、満足度の高いリフォームになることでしょう。

キッチン取替え型のリフォームなら50万~100万円でも!

壁付けシステムキッチン

既存キッチンを取り外し、取り替えるだけの工事であれば、床や壁の補修工事なども最小限で済み、予算を抑えることができます。(画像提供:クリナップ株式会社

システムキッチンは、他の住宅設備と比較しても非常に多くのメーカーが取り扱っており、大きくまとめると「普及品タイプ」「標準品タイプ」「高級品タイプ」と区分することができます。ワークトップの材質や清掃性、キャビネット面板の質感、細部までのカスタムメイド対応など、それぞれが複雑に絡み合って価格に反映されています。

リフォームでもっとも多く使用されるのは「普及品タイプ」「標準品タイプ」ですが、少しでも高級グレードに近づけるように、必要なオプションだけを追加することができるセレクト型のシステムキッチンも増えてきています。

既存キッチン本体を取り外し、周囲の床・壁を補修して、必要に応じて給排水管の取替えや電気・ガス工事を加えるといった、キッチンの配置を変えずにキッチン本体を取替えるだけのリフォームであれば、材料費+工事費で50万~100万円程度、工期3日~5日で対応できることがほとんどです。この費用は、システムキッチンの間口幅やオプション類の有無、補修箇所の数によって上下します。たとえキッチンを交換するだけと言えども、業者との打ち合わせの際にはカタログ、パース図などといった資料を提示してもらいながら検討を進めるようにしましょう。

【関連記事】念願のシステムキッチン! その費用は!?

100万円超の予算ならもっと個性的なキッチンに!

アイランド型キッチン

対面型キッチン、アイランド型キッチンは開放感があり生活動線が大きく変わります。LDKを含めたリフォームとなりますので、施工業者と内容についてよく打ち合わせておきましょう。

上段でご紹介したリフォームは、キッチンの配置を変えずに、キッチン本体を取り替える内容でしたが、やはりライフスタイルや家族の動線などを考慮すると、「壁付き型から対面型へ」あるいは「アイランド型へ」といったキッチンリフォームを検討される方もいると思います。

この場合、給排水管の移設工事や床・壁の補修リフォームなどがより多く発生するため、キッチン本体だけを取り替えるプランに比べ、費用はやや割高になります。

また、カフェスタイルやアイランド型のシステムキッチンとなると、装備しているオプション類なども豊富で、商品グレードも比較的高めになる他、床や壁の改修も比較的大掛かりになりますから、必然的に工期も長くなり(5~10日程度)、材料費+工事費は100万円を大きく超えてくることが一般的です。

この他にもキッチン本体だけでなく、周辺ユニットと呼ばれるシステムキッチンと統一感のある収納棚などを追加したり、ビルトインオーブンレンジなどといった家電機器類をオプションとして追加することで、より豪華なシステムキッチンが出来上がっていく訳です。LDK全体をリフォームするケースになると、300万円以上になることも珍しくありません。

【関連記事】アイランドキッチンへの快適リフォームと注意点

キッチンは上手にショールームを活用しよう!

キッチンのリフォームは「大工工事」、床・壁などの「内装工事」、「給排水管工事」「ガス工事」「電気工事」というように、複合的な工事要素を持っています。さらに、メーカーが提供するキッチン本体の豊富なプランバリエーションによって、その組み合わせは限りなく無限にあるといっても過言ではありません。

このようなリフォームでは、メーカー、リフォーム業者、施主(できることなら家族全員)がショールームを積極的に活用し、実物を見ながら打ち合わせすることで、無駄が少なく、かつ、利用価値の高いキッチン空間を作ることができるのです。

【関連記事】

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。