ユニットバス
ユニットバスは保温性や防水性だけではなく、多種多彩な機能で新たなリラクゼーションを提供してくれます。
今や浴室リフォームと言えば、保温性や防水性にすぐれたユニットバス(システムバス)が主流となりました。住宅設備メーカーも次々と高性能の浴室を開発し、リフォーム市場に送り出しています。

今回はユニットバスの中でも、特に話題のアイテムを取り上げ、そのリフォーム費用についてご紹介します。

魔法びん浴槽とソフト床のTOTO「SPRINO」

TOTO「sprino」
魔法びん浴槽で有名なTOTOのユニットバス。人気の秘密はそれだけではありません。(画像提供:TOTO株式会社)
浴槽の断熱性を高め、業界に先駆けて「魔法びん浴槽」を提案したのがTOTOのユニットバスルーム。その人気の浴槽と合わせて、洗い場床の断熱性とクッション性を高めた「ソフトカラリ床」、また全ての人が使いやすいユニバーサルデザインと、水回りの老舗メーカーらしい上等な作りの「SPRINO(スピリノ)」は、非常に完成度の高いユニットバスと言えます。

サイズも豊富で、1217サイズ(0.75坪)から1725サイズ(1.5坪)までの計6サイズが用意されていますが、一番お手軽な1217サイズの場合で85万~140万円程度、1717サイズ(1坪)の場合で95万~160万円程度の概算リフォーム費用がかかります。他のユニットバスと比較しても、中級から高級グレードに該当するシリーズですが、決して手が届かない価格帯でもなく、ユニットバスとしての完成度もかなり高いと言えるでしょう。

【TOTO「SPRINO」の概算リフォーム費用】
1217(0.75坪)タイプ  85万~140万円
1717(1坪)タイプ   95万~170万円
1721(1.25坪)タイプ 130万~240万円

パナソニック電工のアイデアが満載の「Cococino」

パナソニック電工「Cococino」
住宅設備と家電の融合とも言えるこのシリーズは、人と違った暮らしを求める人にはたまらない商品です。(画像提供:パナソニック電工株式会社)
「松下電工」から社名変更した「パナソニック電工」が提案する新しいバスルーム「Cococino(ココチーノ)」は、住宅家電・設備の総合企業らしい作りこみがなされている商品です。

高級感とお手入れのしやすさを考えた「スゴピカ素材」を採用し、保温性にも優れた浴槽や、泡の力でお掃除できる「マイクロバブル浴室洗浄機能」、浴槽に細かい酸素の泡を放出し、入浴感をさらに高めてくれる「酸素美泡湯」といったオプションが用意されており、自分だけのリラクゼーションルームを作りたい人の欲求をとことん刺激しています。

気になるリフォーム費用は、「Cococino」独自のオプションが選べる分、普及価格帯のユニットバスに比べて、プラス20万~60万円程度高めになる傾向があります。予算と好みに応じてオプションを選ぶようにすれば、きっと満足度の高い浴室リフォームに近づきます。

【パナソニック電工「Cococino」の概算リフォーム費用】
1217(0.75坪)タイプ 95万~150万円
1717(1坪)タイプ  110万~170万円
1621(1.25坪)タイプ 140万~260万円

次のページでも、人気の高いユニットバスシリーズをご紹介します。