カタログ
リフォーム業者と信頼関係を築きながらコストも圧縮できる「お金」トークをぜひ覚えておきましょう。
リフォームをする方にとって、やはり大きな問題になるのがお金のことです。一生のうちに何度もできるものではないからこそ、とても慎重になるのはやむをえないことです。

しかしお金に慎重になりすぎて、リフォーム業者に極端な値引き要請しすぎてしまうと、粗悪な工事結果をもたらすことになったり、本当に必要な工事がカットされてしまったりと、なかなか上手に交渉することができない場合もあります。事前打ち合わせが工事の完成度を大きく左右するだけに、業者との信頼関係を上手に築ける話し合いができれば、リフォームが一気に成功に近づきます。

そこで今回は、業者からすれば「ドキッ」とさせられるものの、誠実な業者であればキッチリ対応してくれる、そんな「お金のトーク」についての一例をご紹介します。

【関連記事】
リフォームコストダウンのための4つの商談ポイント
リフォームで損しない上手な相見積の取り方

「今回のリフォームの予算は○○円~△△円です。」

お金
施主とリフォーム業者のお互いが予算を把握しておくことが、良いプランを作る近道なのです。
リフォーム業者とプランについて打ち合わせする時、実は自分の予算を最初に伝えておくことが非常に重要です。この予算をお互いに理解した上で、リフォームプランを打ち合わせしていくと、予算がオーバーしそうなときには業者の方から、施工範囲を少なくしたり、商品ランクを落として価格を抑えたりといったコストダウン提案がもらえるようになります。

とはいっても相場から著しくかけ離れた予算では、業者も相談に乗りづらくなります。リフォーム雑誌やリフォーム関連のホームページなどにも、施工写真入りで実例と概算費用が掲載されていますので、自分のイメージに近い事例を参考に、予算計画を立てるようにしましょう。

またこの「リフォームにかかるお金」サイトでも、空間別・部位別の工事費用を取り上げています。このページの右にあるインデックスから、それぞれの記事をご覧いただければ幸いです。

「この『一式』の内訳はどのようなものですか?」

一式書きだらけの見積り
悪い見積りの例。施工範囲がはっきりしない「一式」だらけの見積りはトラブルの元。見積りだけでも業者の体質がわかるのです。
リフォームの見積りで多く登場するのが「一式」という単位です。一般的には消耗品や細かい部品類を見積ったり、数量を一言で言い表しにくいときに使われます。

見積り書に「一式」という表記が全くないケースは存在しないと思いますが、気をつけたいのは全てが「一式」で書かれている見積りです。ひどい業者になると、右の写真のように施工範囲や使用する設備・建材品が全くわからない見積りを提出してくることがあります。

施工範囲や使用する材料についての見積り項目が「一式」と表記されている場合は、別途「内訳書」を提出してもらえば安心です。また、内訳書についても業者に必ず説明してもらうようにしましょう。悪徳業者であれば内訳を表記することは苦手ですし、仮に表記できたとしても、相場からはるかにかけ離れた金額を提示するので、業者を見極める上でも有効なテクニックです。

【関連記事】
悪質リフォーム業者を困らせる見積り交渉術
リフォームのプロが教える業者選びのコツ

次のページでは、さらに突っ込んだ「お金トーク」についてご紹介します