人それぞれ、自分だけの趣味や大切にしたい時間があるものです。そんな思いを集約した大好きな空間を、リフォームで手に入れることができたら本当に素晴らしいですね。

今回は、いろいろなこだわりや憧れがある事例を取り上げ、ありきたりのものではなく、優雅な気分になれるリフォームについて、その概算費用をご紹介いたします。

無垢材にこだわるリフォームは15万円~

無垢材でのリフォーム
無垢材で囲まれた空間は、なんとなく空気が澄み渡っている気がするので不思議です。
天然無垢の材料で仕上げたお部屋は、とても温かみがあって、なんとなく空気も澄んでいるように思えるので不思議です。無垢材を用いた居室リフォームは相変わらず根強い人気です。比較的リーズナブルな輸入フローリング材や、価格バランスの優れた国産無垢フローリング材も多く出回るようになっています。

無垢材フローリングの最大の弱点は柔らかく、傷や衝撃に弱いこと。天然であるがゆえ、収縮もするため、適切なメンテナンスを怠ると、床が反ってしまったり継ぎ目が開いてしまいます。このような無垢材の特性を理解しておけば、むしろ自然の風合い、醍醐味として住まいと付き合っていけるのです。

さらに天井や腰壁には「無垢羽目板」を施工することで、もっとお部屋の雰囲気が高めることができるのですが、無垢羽目板は無垢フローリング材よりも、施工面積あたりの材料費がやや割高な傾向にあるので、天井・壁をエコクロス仕上げにしたりして、見栄えを損なわずに価格を抑える方法もあります。また床と壁、壁と天井部のつなぎ目部分(幅木・回り縁)にも無垢材を使用することで、全体に一体感が生まれますので、見積りの際に含まれているかチェックしてみると良いでしょう。

【無垢材を使った居室リフォームの概算費用相場】
15万~40万円
※6畳洋室の場合。既存床撤去、下地補修・補強含む。

ホームパーティができるキッチンは120万円~

アイランド型キッチン
アイランド型キッチンは、壁付き型や対面型よりも広い空間を必要とするので、工事費もその分高くなりがちです。(画像提供:TOTO株式会社
テキパキとお料理しながらおしゃべりを楽しむ、そんなホームパーティを演出してくれるのが対面型キッチンです。壁付きキッチンに比べ、調理する人がくつろぐ人たちと孤立しにくく、部屋全体にも目が行き届くという利点があります。

壁付きキッチンからの改造の場合、床・壁工事、収納スペース工事、給排水、電気・ガス工事といった費用が生じるという点をあらかじめ検討しておくようにします。またアイランド型キッチンであれば、さらに広い空間が必要になるので、それに応じた間取り変更工事が発生することもあります。

リフォーム費用を大きく左右するのが、キッチン本体よりも付帯設備です。食器洗い乾燥機や電子コンベックといったオプション類の他にも、周辺ユニット(収納家具)といったオプション部材が豊富に用意されているので、自分の好みと予算に合わせて、組み合わせていくようにしましょう。

【オープンキッチンへのリフォーム概算費用相場】
(対面型)120万~250万円
(アイランド型)200万~400万円以上
※キッチン間口2,550mmを想定
※工事費には既設キッチン解体撤去・処分費、壁の一部撤去、床及び壁の標準的な補修工事、給排水切替工事、電気工事、ガス配管工事、換気ダクト工事を含む。

次のページでは、リッチテイストなバスルームと、映画や音楽を思う存分楽しめるオーディオルームへのリフォーム費用をご紹介します。