「性欲があるのに勃起しない」男性の心強い味方であるED(勃起障害・勃起不全)治療薬は、その効き目により、EDに悩む男性はもちろん、豊かな性生活を望むご夫婦にも救世主のように歓迎されています。しかし、ED治療薬は「医薬品」であり、他の医薬品(禁忌薬剤)との化学的な作用によって、思わぬ副作用を招くこともあります。ED治療薬は正しく用いることによって最大の効果を発揮してくれます。今回は、ED治療薬との飲み合わせについてお話しましょう。

硝酸剤やニトログリセリンは×


ニトログリセリン
ニトログリセリンや塩酸アミオダロンは一緒に飲んではいけません
EDの診察って、どんなことするの?」で説明したように、病・医院、ED専門クリニックなどでは処方の際に、現在服用している薬の確認や、病気の既往症などを伺います。服用している薬の種類によっては、ED治療薬と絶対に併用してはいけない成分が含まれている場合があるからです。

特に注意が必要なのは、ニトログリセリンなどの硝酸剤で、併用禁忌(一緒に飲んではいけない)の薬となっています。狭心症や心筋梗塞の発作を抑えるために、ニトログリセリンを携帯している方もいらっしゃるでしょう。
硝酸剤は心臓の冠状動脈を拡張させて、心筋への血液の流れを良くする働きがあります。同時に、全身の動脈も拡張させて血圧を下げ、心臓の負担を小さくする作用があります。狭心症や心筋梗塞などの心疾患の治療に使われるのもそのためです。

このような働きを持つ硝酸剤とED治療薬を併用すると血圧が下がり過ぎて、命に関わることがあります。従って、ニトログリセリンなどの硝酸剤を服用している方には、残念ながら処方することができません。

塩酸アミオダロンも×


ニトログリセリンなどの硝酸剤と同じく、循環器系疾患の治療に用いられる塩酸アミオダロン(アンカロン錠)も併用禁忌の薬です。

この薬はもともと、心室細動や心室頻脈、肥大型心筋症などに伴う不整脈を抑えるために使われるのですが、ED治療薬を併用すると、QT延長作用(心電図異常として表れる脈拍の乱れ)を増す恐れがあります。

失神発作や命に関わることがありますので、塩酸アミオダロンを服用している方にも、残念ながら、処方することができません。

お酒やサプリメントとの併用は大丈夫


降圧剤の中でも、α遮断薬と言われる種類のものや前立腺肥大の薬、不整脈の薬、水虫の飲み薬、HIVの薬の一部など、併用に注意が必要な薬もあります。専門家以外では、それと判断できないので、人からもらったり、個人輸入で知識もなくED治療薬を服用することはたいへんに危険です。また、個人輸入ではニセモノがとても多く危険という現実もあります。勝手な判断をしないで、必ず、医師の処方を受けてください。

なお、お酒との併用に関するお尋ねを受けることがありますが、基本的に、アルコール類は禁忌ではありません。ただし、大量のアルコールは勃起力を弱める場合がありますが、基本的にお酒と一緒に飲んでも平気です。首尾よくいったら、祝杯を挙げてください。

また、健康を保ったり、体調を整えたりする目的で使われるサプリメントは併用しても、ほとんど問題ありません。