「五月病」とは? 正式な病名・診断名は?

頭を抱えるサラリーマン

やる気に満ちていた4月から一転……。五月病は心の息切れのような病気です

満開の桜を見て、気持ちも新たになる4月。街には新大学生や就職したての新入社員の姿も見られ、高揚感を感じる人が増える時期です。しかし、高揚感が収まってゴールデンウィークを過ぎる頃になると、「気持ちが冴えない」「ぐったりと疲れを感じる」といった、心の息切れともいえる症状を感じる人が増えてきます。

これがいわゆる「五月病」。五月病は正式な病名ではないので、実際に精神科などの医療現場で「五月病」という診断をすることはありません。精神科で診断名をつけるならば、「軽度のうつ病」「適応障害」とされる症状が特徴的です。

五月病の主な症状・セルフチェック法

いわゆる「五月病」では、以下の症状が生じます。病名ではなく明確な判断基準はありませんが、それまで元気だったのに特に理由もなく以下の症状がいくつか当てはまるようになったら、いわゆる五月病の状態でしょう。

10項目のうち、当てはまるものがあるかいくつあるかチェックしてみましょう。

  • 気持ちが冴えない
  • やる気が起きない
  • 体がだるい
  • 寝つきが悪くなった
  • 思考力、集中力の低下
  • 自信がなくなる
  • ネガティブな考えが浮かびやすい
  • 頭痛、腹痛などの身体症状
  • 食欲低下
  • 飲酒時の悪酔いなど、問題行動の出現

こうした症状は程度の差を除けば、心身が疲れた時には誰にでも出現します。五月病もほとんどの場合は一時的なスランプ状態で、なるべく休養を取るようにすれば自然と元に戻ります。しかし、時には五月病らしき症状が悪化してしまい、本格的な「適応障害」や「うつ病」を発症してしまうこともあります。

五月病症状が数週間続く場合は精神科の受診を

症状の深刻さと持続期間によりますが、もしも上記のような症状が数週間持続していて、学校や仕事に行けないほど気持ちが落ち込んでしまった場合は要注意。深刻な心の病気になっている可能性もあります。特に、死にたい気持ちが生じる場合は、重症のうつ病が疑われます。すぐに精神科や神経科を受診するようにしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項