ドライアイを自分で予防するための対策とは?

意識的にまばたきの回数を増やすだけでも、ドライアイの予防には効果があります

意識的にまばたきの回数を増やすだけでも、ドライアイの予防には効果があります

体調、パソコンワークの仕方、オフィス環境、生活習慣や環境などの要因を見直すことが大切です。意識的まばたきなどは、簡単ですが効果的なので、普段からできるだけとりいれたいものです。すでにドライアイの場合は、早めに眼科医による治療を受けてください。

  • 意識的にまばたきをする
     
  • パソコン作業の合間に、定期的に休憩や休止をいれて緊張をほぐす
     
  • モニター画面を少し見下ろす位置に設置する
     
  • モニターの輝度(明るさ)を下げる
     
  • オフィス室内の湿度を調整する。乾燥させすぎない、加湿器を使う
     
  • 送風口の近くで作業しない
     
  • エアコンの送風が顔を直撃しないように調整する
     
  • 夜遅くまでの残業を減らす
     
  • 夜型の生活を改める
     
  • 目にスチームパックをする
     
  • 近距離を見るためのメガネを使用する
     
  • デスクライトの電球光が直接目にはいらないようにする


最後に今すぐ簡単なケアを試したい人にオススメの目のケア方法をご紹介します。
   ⇒ 今すぐ実践! 目の潤いと癒し >>

参考サイト:
HELP! ドライアイネットワーク
・Yahoo! ヘルスケア ドライアイ・角膜乾燥症

All About 関連サイト:
【厳選記事集】ドライアイの症状・対策治療[目の健康]

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。