緑内障の原因は?

緑内障の視界
緑内障は視野障害が特徴的な病気です
少し専門的な言葉で説明すると、緑内障とは「進行性の、視神経の構造的機能的異常をきたす疾患」のことを言います。

「構造的異常」とは視神経の形に異常(視神経乳頭陥凹異常)をきたすとい憂意味、「機能的異常」とは視野障害を生じることを意味します。つまり、視神経の形に異常をきたし、視野障害が起こる病気です。

昔は「眼圧があがって視神経の構造的機能的異常をきたす疾患」と定義されており、患者さんの中には今もこのようにおっしゃる方も多いのですが、実際には眼圧が高くないのに視神経の構造的機能的異常をきたしている方も多いことが分かり、現在では「眼圧が高い」という言葉は取り除かれています。

緑内障はなりやすい個人の体質というものがあるようですが、起きるメカニズムに関しては2つの説があります。

■ 眼圧説……眼圧が高いと、自分の圧力で神経が圧迫されて、神経がいたんでしまう。眼圧が低いのに緑内障が進行する人は、その眼圧での圧迫でも神経がいたんでくるほど神経が弱いためと考えられる。どちらも治療で眼圧をもっと下げる必要がある。

■ 血流説……緑内障の人は、神経への血流が悪いために神経がいたんでくると考える。眼圧を下げる点眼薬はほとんどすべて血流をアップする力があるので、治療は眼圧を下げるお薬をやはりつける。

眼圧説はまず間違いないものと受け取られています。血流説が関与しているかどうかに関しては、肯定的な先生と否定的な先生がいらっしゃいます。

患者さんからのよくある質問

緑内障の基礎知識を深めるために、患者さんからのよくある質問のQ&Aを形式でご紹介しましょう。

Q:「緑内障の原因は何ですか?」
A:原因は個人の体質です。

Q:「遺伝しますか?」
A:いわゆる遺伝病ではありませんが、親子の顔が似るように、体質として遺伝することは考えられます。親が緑内障の場合は眼科で検査を受けられることをお勧めします。

Q:「点眼は一生ですか?」
A:一生です。

Q:「点眼を途中でやめたらどうなりますか?」
A:進行を遅らせたり止めたりするのが点眼です。途中でやめたら、やめた期間、視野障害が進行します。進行する状態に戻るというだけで、一旦始めたものを止めることで、リバウンドのようにめちゃめちゃなことが起こるということはありません。しかし、ほんとうに必要かどうかわからずに途中でやめるなら、最初からつける必要があるかどうかを厳密に見極めたほうが合理的と考えます。

Q:「検査で視野に欠けているところがあったのですが、緑内障ですか?」
A:緑内障とは進行性のものであり、進行しない場合は緑内障とはいいません。そのまま放置でよいということになります。なので、厳密には経過を観察して、進行するならば点眼を開始、というのが正しいと考えますが、若い頃は視野に異常がなかった可能性が高く、今視野に異常があるということはやはり異常が進行している可能性が高いです。ある程度はっきりした視野異常が見られたら即治療開始というのも正解と考えます。体はたいへん複雑ですので、どんな病気でも正解が複数あると考えると気が楽になります。

Q:「緑内障にはだめだというお薬を内服したいのですが、大丈夫ですか?」
A:主治医の先生に都度、聞くようにしてください。


続いては、緑内障の症状 について分かりやすく説明します。

眼科検索
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項