突然、片目の見え方がおかしくなる

網膜剥離目の病気は色々とあります。外界と接している角膜・結膜は痛みを感じますが、目の中は痛みを感じません。痛みの感じない部分で何かが起きると、突然見え方が変になってしまいます。

その中でも緊急性が高いのが網膜剥離です。目の光を感じる部分の網膜が文字通り剥がれてしまう状態です。強度近視の人は網膜薄利が起き易いことが知られています。網膜剥離が起きると物の見え方が急に変わります。症状が進むと目の前にカーテンがあるような感じの見え方になります。両方同時に起きる事もありますが、通常は片眼に起きます。

眼科で早期に治療すれば視力の低下や視野の欠損を少なくする事が可能です。ただし初期症状の一つは飛蚊症(ひぶんしょう)といって、目の前に小さな虫が飛んでいるような状態ですが、これは加齢に伴っても起きるので区別が難しいです。

視界に黒い物が浮かんでいるように見える

floaters_1.jpg
晴れた青空を見ているときに、視界に違和感を感じることはありませんか?
視力や視野に変化した自覚はないのに、何もない青空などを見ている時に、何か黒いものが浮かんで見える場合があります。この場合も、網膜剥離の初期症状である飛蚊症の可能性があります。目の動きに少し遅れて、黒い部分が上下する感じがするのが特徴です。

飛蚊症は程度の差はありますが、実は誰にでも、ある程度は認められる病気です。ただし急に量が増えた感じがした場合は眼科を受診しましょう。飛蚊症自体は積極的に治療が必要になる病気ではなく、急な視力の低下や視野の低下につながることはありません。多くの場合は経過観察となりますが、網膜剥離は進行してからでは遅いので、まずは緊急性のないものかを診てもらい、安心感を得た方がよいと思います。

眼科検索
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項