最初に表れる自覚症状は?

白内障の視野
白内障では視界不良の他、眩しさを感じることもあります
ごく初期の頃は全く無症状です。ごく初期よりやや進行した白内障の症状では、次のような自覚症状が表れます。

■目がかすむ
「モノの輪郭はちゃんと見えるのに、全体が白く霞んでしまう」など。「白内障=目がかすむ」と思われているように、代表的な症状です。

■近視が進んだ気がする
「いつもの眼鏡をかけても遠くが見づらい」「今までは遠くがよく見えたのに最近見づらい」など。

特に水晶体の中心部が硬化してにごるタイプの白内障になると、水晶体の中に、水晶体と同じ形の密度の高い部分が発生してしまいます。その部分がもうひとつのレンズのような働きをしてしまうため、ピントが今までより近くにあってしまうのため、このような症状が起きます。

■物が二重に見える
「月や星を見たらいくつにも見えた」など。

水晶体の中にもうひとつのレンズができると、そのレンズは綺麗な形をしていないので、物が二重に見えてしまうことも想像がつくと思います。また、レンズの形のにごりでなくとも、そこに乱反射した光で二重に見えることもあるでしょう。人によっては三重、四重に見えるという人もいます。

■光がまぶしい・光がぎらぎら見える
「車の運転中、対向車の光がまぶしい」「太陽の光の下に行くとすごくまぶしく感じる」「光がぎらぎら見える」など。

車のフロントガラスが汚れている時に雨が降ると、対向車の光がまぶしく、またぎらぎらした感じに感じられるのと同じです。

白内障になると目に入ってくる光の量は減っているわけですが、入ってきた光が混濁部分で乱反射するので、本来なら網膜の中心部に当たらないはずの光が中心部に当たり、まぶしく感じるのだろうと考えられます。また、乱反射した光なので、ぎらぎらしたように感じるのも当然です。

以上のような自覚症状が出てきます。中期になると常時かすんで見づらい状態になり、末期になると全く見えなくなってしまいます。

白内障の症状についてのその他の質問

その他、症状に関する質問について、補足します。

Q.白ではなく、黄色みがかって霞んでみえるのも白内障ですか?

A.水晶体は白くにごってくるパターンと、最初は黄色でその後茶色くにごるパターンと、その両方が起こるパターンがあるので、黄色くにごって見えてくることがあります。

Q.加齢による白内障と、若くしてなる白内障で症状の違いは?

A.特にないですが、若くしてなる人のほうが症状の進行が早いことが多いです。

続いては、白内障の治療・手術法・手術費用 について説明します。

眼科検索
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項