食事や食べ物の成分が健康に影響することは周知のことですが、世界で初めて「調理によって脳を活性化する」ことが、大阪ガス株式会社と「脳を鍛える」シリーズで知られる川島教授との共同研究で、科学的に証明されました。今回は研究に携わった大阪ガス株式会社 エネルギー・文化研究所の山下満智子さんにお話を伺いました。

高齢者でも調理することで脳が活性化
 

人間の脳の働きを画像として計測する脳機能イメージング研究に従事し、著書に「脳を鍛える大人の音読ドリル」などで知られる、東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授と、大阪ガス(株)では、近赤外線計測装置(以下、光トポグラフィ※)を用いて、調理中の脳活動の計測実験を実施しました。

  •  

    近赤外線計測装置による成人女性を対象とした脳の活動
    安静時と比べて、どのプロセスも、脳が活発に活動しています。
    2004年には子どもや成人女性を対象に、実際の住宅内にある台所で、夕食の献立を考えることからガスコンロを使っての調理、盛り付けまでを行い、「調理中は、脳が活発に活動する」ことを確認しました。このように光トポグラフィを使用した調理中の脳活動の計測実験は、世界で初めてのものです。

    2005年には定年退職後の男性を対象にした実験(脳機能テストにて計測)が行われ、調理習慣によって脳機能が向上するということが実証されました。

    従来の研究知見や今回の共同研究結果から、川島教授は「調理を行うこと」によって、これまで取り組んでこられた音読や単純計算、他者とのコミュニケーションの実証事例に見られたような前頭連合野の活性化を実証しました。

    脳を鍛える大人の料理のドリル
    「脳を鍛える大人の料理ドリル」-料理の基本テクニック30日  川島隆太著・岸 朝子 くもん出版
    前頭連合野の活性化は、大人であればコミュニケーションや創造力等社会生活に必要な能力向上が期待でき、子供であれば前頭連合野の働きである情操面や抑制力等、情緒の安定に結びつくと推測される、という結論が導きだされました。

    この結果は、2006年6月の第12回国際ヒト脳マッピング学会で発表される予定です。詳しい内容やデータは、大阪ガス株式会社のサイトをご覧下さい。