バラバラの薬をわかりやすく飲む方法、ありますか?

粉薬
種類が多くて分からなくなることがありますね。そんなときは遠慮なく医師や薬剤師に相談しましょう
Q:祖母が病院で薬をもらってきました。種類が多くて、飲み方もバラバラ…。例えば、食前に飲んで、ご飯を食べた後、食後に飲む。1日3回の薬もあれば、朝だけ、夜だけ、寝る前、そして朝と夜に飲むなど…。

どれをいつ何錠飲んだらいいのか、いつも心配です。何か良い方法はないでしょうか?

A:お答えしますね。質問のとおり、私も薬をお出しする時、患者さんが混乱しないかな…と、時々不安に。そんなときには積極的に服用について説明しますが、飲みやすくするためには様々な方法があります。

そこで、今回は多くの種類の薬を間違いなく、飲みやすくする方法をご紹介しますね。

医師や薬剤師に相談してみよう

前回の粉薬の上手な飲み方でも解説しましたが、医師に相談してみると解決することがあります。薬剤師に相談して、医師に伝えてもらってもいいですし、薬の袋(中の薬があってもいいです)をかかりつけの医師のところに持って行って、「薬の飲み方が複雑で混乱しそう」ということ旨を相談してみてください。

症状によっては、薬の成分が少し変わると思いますが、1日2回の薬を1回にするなど、他の薬とのバランスを考えて処方してくれることもあります。例えば、お昼の飲み忘れを心配する場合、A薬から同じような成分の薬であるC薬に変更してくれることもあります。

 変更前の薬)A薬:1日3回 B薬:1日2回 
              ↓  
 変更後の薬)C薬:1日2回 B薬:1日2回

また、「食後」の薬を「食前」に変えることができる場合もあります。この場合は、処方されている薬が、食前に飲んでも問題がない場合です。

 変更前の薬)D薬:1日2回食前 E薬:1日2回食後 
              ↓  
 変更後の薬)D薬:1日2回食前 E薬:1日2回食前

もちろん、症状によって、または他に薬がない場合は、この限りではありませんので、必ず医師に相談してみてください。

服用1回ごとの小分けにしてもらおう

一包化
一包化で分かりやすく!(写真提供:アカンサス薬局)
薬の種類が多く、どれが1回分かわからなくなりそうなときは、その薬局の薬剤師に相談してみましょう。錠剤や粉薬を1回分ごとに小分けしてくれます。これを一包化調剤(いっぽうかちょうざい)と言います。一包化された薬はいつ飲むのか分からなくならないように、その袋にいつ飲むか(「朝、食後」など)印刷されていたり、ペンで色分けして見やすくしてくれたりします。

ただ、一包化調剤は普通より時間がかかりますので、後で取りに来るなど、待ち時間を工夫すると時間の節約になります。

薬入れを利用しよう

最近は、1日分の朝、昼、夜、就寝前の薬を1週間分入れる容器が売られています。壁掛けタイプや、薬箱タイプなども。

入手方法は、調剤薬局や大きなドラッグストアで売っているようですが、事前に電話などで問い合わせてみてください。また、インターネットでも販売しています。

薬の種類が多くなって、飲み方が分からなくなったら、薬の袋に電話番号が書いてありますので、すぐに薬局に相談してみてください。分からないから飲まなかったり、逆に適当に飲んで量が多くなったりしないように、正しく飲んでくださいね。

*ネット上での診断・相談は診察ができないことから行えません。この記事は実際の薬局での会話をもとに構成したものです。相談が必要な方は、医師や薬剤師に実際にお聞きください。
【関連記事】
内服薬の種類を知ろう

注意したい薬の飲み合わせ

薬の基本的な飲み方


【参考リンク先】
金沢大学>アカンサス薬局

ウイークリー薬ケース>Livedoorデパート
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項