花粉症の薬?鼻かぜの薬?

鼻炎
薬局でご自身の症状をきちんと伝えて選びましょう
Q:薬局で薬を選ぶときに、鼻かぜ用を使っても効果があると聞いたことがあります。花粉症の鼻炎薬とどのように違うのでしょうか。

A:はい。お答えします。
風邪と花粉症の鼻水・鼻づまりは、基本的には原因が違うだけで、鼻の粘膜が炎症を起こして腫れてしまい、分泌液が出る状態になるのは一緒です。
※このような鼻粘膜の炎症による状態を鼻炎(びえん)といいます。

風邪の場合は、原因が風邪のウイルスなどで、鼻の粘膜が菌に感染することにより、炎症が起こります。
花粉症やアレルギー性鼻炎の場合は、花粉などのアレルギーの元となる物質が鼻粘膜に付着して炎症が起こります。

詳しくはこちら ※花粉症関係の記事(All About 薬について)
なぜ花粉症になるの? 花粉症の仕組み
花粉症の薬について


上記のことから、鼻かぜ用の薬もアレルギー性鼻炎の薬も基本的には、鼻水・鼻づまりに効果があります。
鼻水やくしゃみがひどい鼻炎になりはじめのような状況なのか、鼻が詰まっているような状態なのか、症状で選ぶことも重要です。

>>次のページでは、アレルギー性鼻炎用と鼻かぜ用の違いについて、実際の市販薬を例にポイントをご紹介します。>>