お風呂とトイレ、必ず換気扇を回しましょう

トイレ
トイレの中で脱水にならないように!
最も注意したいのが、独りになるトイレとお風呂です。電気代節約のためにトイレやお風呂の換気扇を切っておく人もいるかもしれませんが、温度の上昇しやすい夏場の個室トイレの中で熱中症・脱水症をおこすことがあります。

少なくともこの季節は、空気の流れ・湿気の対策として換気扇を回しておくことを忘れないでください。もちろん、こうした場所に入る前に水分の補給をしておいて、まだ暑い時間帯に入る場合には、できるだけ短時間で済ませるようにしましょう。便秘症の方は要注意です。

同じ温度・湿度であっても、風の流れがあると、更に表面の熱をより放散しやすくなります。風通しの悪い室内の場合には、扇風機を活用しましょう。扇風機の風を直接体にあてないにしても、部屋の空気をかき混ぜることで対策につながります。


エアコンを使わない熱中症対策のまとめ

この他の方法も含めて、エアコンを用いない熱中症対策をまとめると、次のとおりです。
  • できるだけこまめに水分を補給(寝る前にはコップ1杯の水分補給)
  • 寝る前に枕元にポットを準備(目が覚めたら水を飲む)
  • お風呂とトイレでは必ず換気扇を回す
  • 窓を開けて風通しをよくする
  • 扇風機で室内の空気に流れを作り出す
  • 熱帯夜には保冷剤をタオルに包み、足の付け根や脇の下にあてがう
今年も続々と熱中症・脱水症の報道が飛び交っています。決して他人事ではなく、誰にでもこうした危険性はあるものです。午前中もずいぶんと暑くなってきましたから、油断はできません。どうぞご注意ください。


【関連リンク】
・ 室内・屋外問わず熱中症の危険性があります
キケン! 室内でも熱中症に(All About 50代からの健康法)
・ 暑い季節、トイレの時間が長くならないように
便秘の真実…日本人は100%便秘を経験する?(All About 50代からの健康法)
・ 体温が高くないのに疲労があるときにはこちらを参考に
その疲れはなぜ? 夏バテからの疲労回復法(All About 50代からの健康法)
・ 地球環境を考えたクールビズ、室温を28℃にする理由
医者泣かせの難病?! 夏風邪対策(All About 50代からの健康法)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項