そもそもアデノウイルスとは?

1953年にRowe先生がヒトのアデノイド(のどのリンパ組織)を培養しているときに発見しました。アデノイドから発見されたことから、「アデノウイルス」と命名されています。ヒトからヒトへの感染は、飛沫感染(唾液などを介してうつる)と接触感染(密接に近くに居るとうつる)です。

アデノウイルス感染症

扁桃にこのように白いものが付きます
急性熱性咽頭炎(きゅうせいねつせいいんとうえん)
冬の乳幼児の風邪の1つ。のどの赤みと腫れ、首のリンパ節の腫れが特徴
滲出性扁桃炎(しんしゅつせいへんとうえん)
のどの奥にある扁桃に、白い滲出物がつく。のどの痛みが強い。
咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)
(「プール熱」記事をご参照ください。)
上気道炎(じょうきどうえん:かぜ)
のどの痛み、咳、声枯れ、倦怠感、悪寒、発熱が特徴
肺炎
発熱、咳、時に胸部痛、注意が必要な病気
流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん:はやり目)
眼球結膜充血、目のかゆみ、時に痛み。感染力が強く、眼脂を介してうつるので、めやにが付いた衣服、寝具は要注意。あごのリンパ節が腫れる
出血性膀胱炎(しゅっけつせいぼうこうえん)
幼児と学童にみられる。血尿と頻尿が特徴

アデノウイルス感染症は、自然に治癒します。
但し、発症している時に肺炎などの合併症を防ぐことが重要です。


アトピーのある時には


  • 水分が十分に摂れていれば、シャワーで汗を流す

  • シャワーが無理な場合は、こまめに着替えたり、濡れタオルで体を拭いて皮膚を清潔にする
  • 十分な睡眠でストレスを減らす。(風邪薬には眠くなる成分がよく含まれています)

  • 肌にいいビタミンの補充
  • 結膜炎のあるときは、点眼薬を使用する(アトピーの合併症として、目をこすると、白内障、網膜はく離が心配です)
  • など


何よりも予防が重要です

人ごみを避け、十分に手洗いとうがいをしましょう。体調がよくないときには、アデノウイルスが感染しやすくなるので、普段から体調管理が重要です。

これは、インフルエンザの時の対処法と似ていますね。基本的に、ウイルスに対する対応は同じなのです。


豆知識
潜伏期間:ウイルスなどの病原体が体に侵入して、病気として発症するまでの期間。例えば、水痘の子と遊んで、水痘が体に出てくるまでに2-3週間かかります。この2-3週間が潜伏期間である。



アトピーと病気シリーズ
【第1回】アトピーとインフルエンザ
【第2回】アトピーと嘔吐下痢
【第3回】アトピーと水虫
【第4回】プール熱・はやり目の原因は?

<参考リンク先>

要注意!プール熱、大流行の兆し(All About 子供の健康)

教えてドクター!Q&A vol.14 夏の風邪 プール熱(All About 子供の健康)

プール熱の感染が拡大中(All About 目の健康)

子どもがなりやすい結膜炎(All About 目の健康)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項