ひとによって症状がさまざまなアトピーですが、ひどくなる前にそうならないように日常生活の見直しをいたしましょう。

◆食事は・・◆

毎日の食ですが、脂っこいお肉をたくさんとるより、どちらかといえば、野菜や魚などさっぱりのほうがよいでしょう。お肉などの脂肪を多くとりすぎると、いわゆ「悪玉菌」といわれているものが多くなり、身体の中で悪い物質がつくられて、悪影響をおよぼします。もちろん皮膚にもよくありません。野菜などに食生活が傾くと「善玉菌」が多くなり、身体に必要なビタミン類などの栄養素を、反対に作り出してくれます。しかし、そうだからといって、毎日野菜ばかりではなく、バランス良く食することを心がけることをおすすめします。


◆ちりダニ◆

お部屋のお掃除はなるべくこまめにして、ほこりは必ず取り除いている部屋で過ごした方がよいです。ほこりが皮膚のために良いわけがありません。ほこりの中にはちりダニがいて、そのちりダニがアトピーの原因になっていることがあるからです。ちりダニはアルミサッシ、カーペットを多く使っている湿気の多い家によく出るといわれています。昔は木造住宅が多くて、湿気が逃げやすくなっている構造だったので、それほど多くは出なかったようです。そのちりダニが皮膚にくっついたりして、体内に引き込まれてアトピーを引き起こす原因といわれています。

◆入浴で気をつけること◆

お風呂は熱めではなく、人肌にやさしい温度でつかるようにしたほうがよいでしょう。熱いとお風呂から上がったときに皮膚の乾燥が一段とアップしますので、水分保持率の低いアトピー肌には良くはありません。あまりしっかりと洗いすぎて刺激を与えるのも良くありませんので、よく石鹸類を泡立てて、泡でつつみこむように洗ってください。
お風呂から出たら、油分の補給をして スキンケアしましょう。保湿いわゆるスキンケアは大切です。スクワラン、馬油、椿油、その他自然界に存在する油分が身体によいのではないかと思います。スワラン、馬油は皮膚の回復力を高める事も可能です。椿油は、油の中でも皮膚になじみやすいですし、どの油も肌になじんだ後はさらっとしているのが特徴です。しかし、塗りすぎは禁物です。かえって悪化させてしまうことになりかねません。


◆睡眠で皮膚をつくる?◆

皮膚は睡眠中にできると行っても過言ではありませんので、睡眠を十分にとらねばなりません。なるべく快適に睡眠がとれるように寝るときのまわりの状況も、リラックスできるように心がけましょう。


ここでいえることは、日頃から必要な栄養素をバランスよくとり、スキンケアをして、規則正しく生活することがアトピーを悪化させないことにつながるといえます。


★文中でご紹介したリンク
悪玉菌(あるある大事典)
善玉菌(il mondo)
ちりダニ(中谷皮膚科)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。