最近、「黄砂」(こうさ)という言葉をニュースで耳に、あるいは新聞で目にしていないでしょうか?
この「黄砂」の現象が、今問題となっています。アトピーにも少なからずこれから影響しそうです。

黄砂(こうさ)とは?
文字どおり、黄色っぽい砂のこと。低気圧から生じた上昇気流の関係で、中国北西部の砂が巻き上げられて偏西風に乗り、砂が運ばれる現象のことをいう。日本にまで及ぶことがあり、春先に多く観測されている。

黄色い砂が気流に乗って中国からきて、砂をまき散らかしていきます。この黄色い砂は自動車に一度付着すると、落ちにくく落とすのに難儀します。乾燥していると、砂が巻上がり、視界を遮ります。

ここ数年でこの黄砂の現象が、日本国内で多く見受けられるようになりました。昨年'02年には最大級の規模で北京、ソウル、日本では北海道、東北地方の空を覆いました。仙台では視界が約5キロまで低下しました。範囲も広がりを見せ始めています。

黄砂はアルカリ性で、毛穴を開かせてしまうので、特にバリア機能が低い人に影響が大きく、肌荒れの原因となります。アトピーの人にとって悪化させる原因の一つとなるかもしれません。

この黄砂の現象が広がりを見せる中で気象庁では、来年度より花粉情報と同じように、黄砂情報を提供する予定で話が進んでいるとのことです。情報を見ながら、スキンケアに励みつつアトピー対策をいたしましょう。


**関連リンク**
*黄砂とは?
*バリア機能を強くする
*スキンケアで黄砂対策
*************
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。