私たちにできる黄砂対策

外出時にはマスクが大切です。少しでも黄砂が気道に入らないように
黄砂が飛ぶと、アレルギーが悪化!?でも説明しておりますが、黄砂の大きさは、0.5~5μmで、スギ花粉(20μm)より小さいので、かなり気密性のいいマスクがお勧めです。衣服につくと、黄砂のアルカリ性や大気汚染物質で、肌荒れにつながります。アトピーも悪化することがあります。

しかし、飛んでくる黄砂を直接減らすことができないので、自分の周りで減らすことが中心になります。
  • 花粉情報のように、黄砂情報に注意する。黄砂の多い日には外出を避けたり、洗濯物を屋外で出さない
  • 外出時には、眼鏡とマスクをする。特にマスクは気密性の良い物を選ぶ
  • 黄砂の多い日は、窓を開けないようにする
  • 屋内に入ってくる黄砂は掃除機で除く
  • 家に入るときには、衣服を掃って入る
  • 洗顔、手洗いをしましょう


花粉症対策と似ていますよね。スギ花粉、ヒノキ花粉が飛ばなくなっても、引き続いて、花粉症対策をしておくと、黄砂対策になるかもしれません。


豆知識
環境基本法:平成5年(1993年)に制定された。この法律以前は、公害対策に公害対策基本法、環境対策に自然環境保全法で行っていた。環境問題に広く対応するために、制定された。 公害対策基本法は廃止になっている。



<参考リンク先>
黄砂が飛ぶと、アレルギーが悪化!?

まずは花粉の回避(花粉症重症度チェック)

アトピー発症時期に花粉が多いと…?!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項