6.医師への報告をしよう
週に2回以上飲む人は、そのことを医師に伝えましょう。薬が代ることがあるのです。

7.血糖コントロールが悪いときは飲まない
ますます悪化します。アルコールで体を壊したことがある人も飲まないこと。お酒を飲んで食事を抜くのは最悪です。

8.おいしくゆっくりと飲もう
イッキ飲みはとても危険です。お酒は糖質カット、カロリーカットのライトビールや辛口のワインなどを。シャンパンは「ドライ」でも加糖してあるので、「ブリュット」を選びましょう。

9.神経障害がある人は飲まない
手や足に合併症の神経障害がある人は断念しましょう。目に合併症が出た人も同じです。アルコールが症状を悪化させます。高血圧の人もアルコールをやめれば改善されるはずですよ。

10.アルコールは高カロリーだと忘れずに!
アルコールは栄養素ではなく、ただのエネルギー源です。日本の食品交換表では交換するものがありませんが、アメリカではビール1缶(350ml)が油脂10gと交換になっています。

アルコールは1gで7kcal。350mlのビールがアルコール分5%とすると 350*0.05*0.8=14g すなわち14gのアルコールです。0.8を掛けるのは比重が軽い分です。


いかがですか? 食事をカロリーだけで考えて、飲んだ分だけ食べなければいいと錯覚する人がいます。これは誤りですよ。引き算の対象がないのですから。

アルコールは体に必要な栄養素ではないことを覚えておいて、グッドコントロールしながら、楽しく飲みましょう。私もすぐに忘れてしまうので、気をつけないと……

関連リンク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項