血糖値の「正常値」とは

自己血糖値測定

空腹時血糖値の正常値(基準値)は80~110未満です

初めて自己血糖測定をすると、あまりの変動の大きさに驚きます。そこで血糖測定器の取扱説明書で正常値を調べてみると、なんとどこにも書いてありません。なぜ低過ぎる、正常、高過ぎるを教えてくれないのでしょうか?

耐糖能障害のない健康な人では、血糖値は食後45~60分にピークになりますが、140mg/dlを超えることはあまりありません。そして、2~3時間後に食前値に戻ります。日本糖尿病学会の血糖コントロール指標では、合併症予防の観点からHbA1cの目標値を7%未満にすると食前血糖値を140mg/dl未満、食後2時間血糖値180mg/dl未満をおおよその目安にしてます。

一般の病院の血液検査では食前(空腹時)のみに正常値(基準値)を70~110mg/dl未満に設定しているようですが、検査施設によって数値は変わることもあります。

以前は日本糖尿病学会の空腹時血糖値は80~110mg/dl未満が「優」の評価、100~130mg/dl未満を「良」と評していました。血糖管理目標は患者によって異なるのでこの区分けがなくなりましたが参考になると思います。70mg/dl未満は低血糖のゾーンになります。

以上のことから、空腹時血糖値80~110mg/dl未満、食後2時間血糖値80~140mg/dl未満が正常値と考えられますね。食事療法と運動療法だけの人はこのベストスコアが目標値です。

でも妊娠(妊娠前から分娩までの間)を計画している女性はもっとタイトな目標値になります。朝食前血糖値70~100mg/dl、食後2時間血糖値120mg/dl未満、A1C 6.2%未満です。

日本糖尿病学会によると、ヘモグロビンA1C(NGSP値)の正常範囲(基準範囲)は4.6%~6.2%、となっていますから、食事療法や運動療法で達成できる、または薬物療法でも低血糖なしで達成できる人の目標A1Cを6.0%未満とすることは正常値の上限以内を達成することになります。A1Cは過去1~2ヵ月間の平均血糖値を反映するものでしたね。

妊婦などで使われる、直近の過去2~4週間の平均血糖値を反映するものとしてグリコアルブミン(基準値:11~16%)とフルクトサミン(基準値:210~290μmol/l)があります。また、ヘモグロビンA1Cは過去1~2ヵ月の平均血糖値を反映しますが、尿糖が出るような高血糖の頻度を反映する1,5AG(1,5アンヒドログルシトール)という検査もあります。これは大豆などに含まれる食品由来の物質で、尿糖の排泄量と相関して低下するので数値が低いと状態が悪いことを示します。基準値:14.0μg/ml以上。これは血糖コントロールがある程度安定している人でないと意味をなしませんので担当医と相談してみてください。そして、A1Cと同時に検査することも認められていません。

血糖値に影響を与えるもの……コントロールが難しい血糖値

前の日と完全に同じ食事、同じインスリン、同じ生活をしても血糖値は同じになりません。ましてや、自由な生活なのですから血糖値に影響するものはたくさんありますね。

例えば消化吸収のいい炭水化物(グリセミック指数の高い食品)を食べれば血糖上昇が速くなります。まっ白いパン、ポテト、ご飯などは高ファイバーの全粒穀物に比べると、血糖値は速く、高くなります。

しかし、長時間のスポーツなどをして肝臓のグリコーゲンの在庫が少なくなっていると、グリセミック指数が高かろうが低かろうが、食後の血糖上昇はゆるやかになります。肝臓でのグリコーゲン生成に振り向けられるからです。

食後の血糖上昇を優先してコントロールする治療が流行してますが、食後2時間値はこのように変動が大きいので難しいですね。私(当ガイド)は朝の空腹時血糖値をコントロールの指標にしています。空腹時血糖は比較的安定しているのでとても有用です。この朝食前血糖値をコントロールしているのが基礎インスリンなのです。

私の朝食前血糖値の目標は90~110mg/dlです。これをインスリン・トレシーバを一日0.4単位/kgで達成できます。若い時のように活動的ならもっと減らせるでしょう。この1ヵ月の朝食前血糖値アベレージは98mg/dl、で、A1Cは6%でした。インスリン・マルチショットでこのスコアですから、なかなかのものでしょう?

ところで、空腹時血糖値160mg/dl以上、食後2時間値220mg/dl以上、A1C8%以上が3ヵ月以上続いている場合は糖尿病専門医へ行かなくてはなりませんよ。食べ物にどうしても手が出てしまうのは尿糖が出てるからです。自分を責めることはありません。治療法を変えなくてはならないのです。

血糖値についてより詳しく知りたい方は、「血糖値が高いとなぜ悪い?理由と改善法」「A1C5%達成の道! そもそもA1Cとは」「A1C5%達成の道! 基本の10カ条」記事もあわせてご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。