糖尿病コントロールにはA1Cと血糖測定が大切です。
糖尿病コントロールにはA1Cと血糖測定が大切です。
病院へ行く日が近づくと、あわてて節食・運動に励んでいませんか? でも「ヘモグロビンA1C」の検査をすると、それまでの不摂生がバレてしまいますね!これって、迷惑なんだけど……


ヘモグロビンA1Cって何?

糖尿病は血液中のブドウ糖をうまく処理できない病気ですから、病院ではこのブドウ糖の検査を2種類しています。
1つは「その時点でのブドウ糖の量(血糖値)」の測定です。朝食の時間が分かれば食後2時間値なのか、食前値なのかが分かります。

もう1つが「ヘモグロビンA1C(エー・ワン・シー)」といわれるものです。これは体中に酸素を運ぶ「赤血球」にしっかりとくっついてしまったブドウ糖の量を測ったものです。これで過去2~3ヵ月の平均血糖値が表われてしまうのです。

ブドウ糖は自然界に一番たくさんある炭水化物(糖)で、最も安全なものですが、いろいろなものにくっついてしまう性質は厄介です。ブドウ糖同士で結合すればデンプンになったり、セルロース(繊維素)になったりします。

血液中にブドウ糖がたくさんある状態(高血糖)になると、赤血球に含まれるタンパク質、すなわちヘモグロビンにもベタベタとくっつきます。
ブドウ糖が多ければ多いほど、それに比例してくっつきます。だから以前の平均血糖値が分かるのです。

赤血球の寿命は約120日です。赤血球は骨髄で作られて、120日ほどで古くなって脾臓(ひぞう)で壊されます。それも毎秒500万個の赤血球が壊されていますから、ホントにどんどん入れ替わっています。
120日より前の赤血球は体の中にありませんから、ヘモグロビンA1Cは過去2~3ヶ月の平均血糖値を表わすことになるのです。
自分でA1Cを測定できる装置もありますが、ふつうは病院でやってもらいます。


なぜヘモグロビンA1Cが重要なの?

ブドウ糖は大切なエネルギー源です。最後には水と二酸化炭素になるだけですから、とてもクリーンでパワーのあるエネルギーです。
脳がこのブドウ糖をたくさん使うのは、よく知られていますね。
糖尿病のない人の血液中のブドウ糖は、高すぎず低すぎず、いつも正しいレベルに調整されています。

糖尿病のある人はこのコントロールシステムが壊れているのです。
血糖値がいつまでも高すぎると、目や腎臓、神経がダメージを受け、歯周病なども併発してしまいます。これが「合併症」といわれるものです。
心臓や脳などの太い血管も高血糖の影響を受けることが分かってきました。

血糖、すなわち血液中のブドウ糖は2通りのルートから血液に入ります。
1つは食事に含まれる炭水化物がブドウ糖まで分解されて体に吸収されます。もう1つは肝臓がブドウ糖を新しく作ったり、貯えていたものを放出してできるルートです。
糖尿病の治療では、この血糖をなるべく正常値に近づけることが大切になります。食事の炭水化物を制限したり、運動で消費させたり、必要があれば経口剤やインスリン注射をするのです。

ヘモグロビンA1Cが重要なのは、医師に治療法が有効かどうかを知らせてくれるからです。決して患者を怒るために調べているのではありませんよ。

もしA1Cが高いのなら何かを改善しなくてはなりませんね。単に血糖測定器が狂っているのかも…と思うのも良くありませんが、自分の意志が弱いから、なんて責める必要もまったくありません。治療が正しければそんなに無理をしなくても血糖はコントロールできるものです。

日本ではA1Cを6.5%以下にするように指導されていますが、徹底されていませんね。アメリカなどの先進国では、出来る人は6%未満を狙えという時代になってきました。なぜなら、どこまでA1Cを下げれば合併症を起さなくなるか?という基準がどうしても分からないのです。
だったら正常値を目指すしかありません。

4%~5.9%が正常値です。私はもう達成してますよ。そのためにはインスリンを使い始めましたが……

次回はA1Cを下げる方法を考えます。

関連リンク
  • 体に残された、もう一つのA1C
    from On-line 糖尿病ウォッチャー
  • いよいよ、A1Cの目標が6%未満に……
    from On-line 糖尿病ウォッチャー
  • A1C(エイ・ワン・シー)
    from On-line 糖尿病ウォッチャー
  • ヘモグロビンA1cを1%ポイント減らしたい!
    from On-line 糖尿病ウォッチャー
  • ヘモグロビンA1cを1%ポイント減らしたい!
    from On-line 糖尿病ウォッチャー
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項