▼エクササイズ!

皆様は定期的に運動されてますか?エクササイズは、心身に良い効果がありますが、その他にも、素晴らしい効果があるのです!

皆様の周りには、運動好きの方はいらっしゃいませんか?その方々は、良く笑い、あまりクヨクヨせず、バイタリティにあふれた方々が多いのではないでしょうか。

人生いたる所に試練がつき物です。例えば、会社で上司からいじめられたり、お客様から大目玉くらったり、家庭で、奥様が逆上されたときなどなど。このようなとき、対処法を心得ているか、いないかで、大きく差が出ます。落ち込んでしまい、そのまま、うつ病への道が開けてしまうか、それともすぐ立ち直れるかの分かれ目には、エクササイズで脳に快楽物質を分泌させて、乗り切りましょう。今回は、つらい時、気分が落ち込んだときに役立つ、エクササイズと快楽物質の関係についてお話いたします。

まず、快楽物質とはいかなるものか説明します。


▼快楽物質とは

快楽物質とは、体内で作り出される麻薬のような作用のある、内因性オピオイドという物質群ですが、その中でもエンドルフィンという物質が代表的です。この快楽物質で脳の快楽中枢を刺激することによって、高揚感、快感が得られます。手術、出産、痛みなど、体にとってつらいことがあると分泌され、痛み、苦痛が軽減されます。


▼エクササイズで快楽物質を分泌

エクササイズをすると、この快楽物質が分泌されます。ランナーズハイという言葉を耳にされたことはありませんか?走り続けていくうち、いつしか苦しさが消え、気分はハイになり、どこまでも走り続けていけるような感じになる現象です。

運動をすると、体内のカロリー消費を増大させ、体温調整、発汗にともなう水分喪失、また、心肺系への負荷、筋肉の激しい収縮など様々な体の変化が起こるので、体はとってもつらくなります。これを和らげるために、快楽物質が分泌されます。

その為、一歩間違えば、心臓発作を誘発しかねないほどのスピードにもかかわらず、ランナーは快楽物質で脳の快楽中枢を刺激されるため、気分は最高という境地になります。しかし、体には強い負荷がかかっていますので、無理は禁物ですね。

余談ですが、このランナーズハイは、人工的に、なくすこともできます。快楽物質の効き目をなくすわけですが、快楽物質が麻薬のモルヒネと作用が似ていることから、モルヒネの作用をなくすナロキセンという物質を用いると、快楽物質の効き目がなくなってしまいます。


▼つらい時、気分が落ち込んだときには、エクササイズ!

ところで動物の話で恐縮ですが、犬も散歩をさせないと、ぐれてしまい、「クーン、クーン」と情けない声を出すようになってしまったら大変ですね。やはり、犬もクールな服をきて、快楽物質を分泌させながら、町を誇らしげに歩きたいものですよね。

皆様も、つらい時、気分が落ち込んだときには、快楽物質をお忘れなく!

<All About関連>
もしかして私はうつなの?---うつ病のチェックリストがあります。
簡単体操&呼吸法で快眠Get!【睡眠・快眠】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。