くつろぐ
忙しい私は、できることなら、セルフマッサージは何かをしながら済ませたい!
体のこりを自分でほぐすときの悩みといえば…。ほぐす手や指が疲れる、セルフマッサージだけの時間をあまり取れないという声が多いです。

そこで今回は、テレビを観ながら、そして片手が空いていれば部位によってはほぐすことができるという、らくらくセルフマッサージをご紹介しましょう!

■らくらくセルフマッサージ シリーズ
第1回  【一人至福の「ラップ芯」マッサージ術】
第2回  【一人で簡単!ラップの芯で肩こりをほぐす】


<CONTENTS>

マッサージにはコレ1本で大丈夫!

ラップやアルミホイルの芯
ラップやアルミホイルの芯1本で、楽に安全にセルフマッサージができるのです!
らくらくセルフマッサージでは、レンジでチンする時に使用するラップの芯やアルミホイルの芯を使用します。これ1本あれば大丈夫です。

なぜラップの芯を利用するかというと、マッサージで指や手が痛くなるのを防ぐため、片手でもセルフマッサージを可能にするため(部位によりますが)、そして筋肉への当り方の強弱がつきやすく適当であるためです。

指でのセルフマッサージは、点で筋肉を圧しぐりぐり強く行ってしまうと、筋線維を痛めてしまう危険性もあるのですが、ラップの芯では筋肉への当る面が広いため、比較的安全に行うことが出来ます。


>>次のページでは、らくらく足裏、ふくらはぎマッサージをご紹介しましょう!