妊娠に効くツボ

1)三陰交(特に女性)

PCO
足の脛の内側にあるツボです。うちくるぶしの最も高いところから指幅四本上で脛の際にあります。
三陰交の「三陰」とは、足の厥陰肝経、少陰腎経、太陰脾経の三つの経絡の意で、「交」は交わるの意。三陰交はこのツボ一穴で三つの経絡の効果が期待できる重要なツボというわけです。

女性の健康維持・増進に欠かせない大切なツボで、女性の諸症状にも効果的なことから「婦人の三里」といわれています。 友人の鍼灸師によると軽くもむだけで効果があるそうです。あまり強く刺激する事は逆効果になることもあるのでご注意ということなので頭の片隅に置いておいて下さい。

2)気海(男女共)
PCO
気海:臍と恥骨結合部を結ぶ線上、臍から下へ一横指半(約3cm)のところにあります。
男女共に使えるツボです。お腹の上ですので爪を立てるような指圧は避け、軽い指圧や温灸、銀粒による刺激が良いそうです。効果は精力増強です。



3)曲泉(特に女性)

「肝は子宮をまとう」といわれるように女性の生殖器異常にも関係が深いツボ。肝臓に疾患がある時には非常に痛いらしい。軽くもむだけでも効果があるそうです。
PCO
曲泉:膝の内側の窪みにあります。


4)志室(男女両方)

第2腰椎の棘突起の下、脊柱から約3寸はなれたところ。腎兪(じんゆ)の外側に並ぶ腰や背中の痛みに関係し、生殖器や泌尿器疾患のツボ。ゆっくりと押すとなんとも気持ちの良いツボです。

代表的なツボをご紹介致しましたが、上記の他にも妊娠に効果的なツボが多数あるそうです。下記の関連サイトでご確認ください。

★参考サイト
つぼのツボ

それからツボを押す時の注意点は下記の通りです。無理なく気持ちよく行ないたいものですね。
1) 1つのツボに3分程度まで
2) 指圧の加減は「痛いけど気持ちよい」程度の力で
3) 呼吸に合わせてじわっと押してあげる
4) アルコールを飲んでいる時はしないこと

今回はマッサージ法として指圧を中心にお話をしてまいりました。マッサージにはご存知の通り、揉んだり、さすったりするだけでも効果のあるものです。指圧も含めてお互いにマッサージをするような習慣を持ちたいですね。

近日中に今回の続きで愛が深まるマッサージ(2)「リフレクソロジー編」をお送りする予定です。


【不妊治療 人気記事ベスト5】
 1位: 「夫婦円満の鍵は月経周期にあり」
 2位: 「不妊治療のストレスはどう解消するべきか」
 3位: 「SEX数世界最低を返上する秘訣(男性編)」
 4位: 「チョコレート嚢胞とは?(1)」
 5位: 「不妊治療の中の離婚……夫婦の形を考える」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項