タイトルだけ見るとなんだかエッチな感じがしますが、極めて妊娠に有効な方法をお伝えしようと思います。ボディタッチには色々な方法があります。例としては下記の通りです。

1) 手をつないで歩いたり、眠ったりすること
2) 2人並んだ時に軽く髪をなぜたり、肩や背中をなぜたりすること
3) お互いの手のひらや足裏をもんだり、肩や背中のマッサージ・指圧をすること
4) ハグやキスをすること。
PCO
夫婦で出来るとかなり親密なコミュニケーション方法となるはずです。

どれも妊娠という観点からすると重要な事です。人は好きな人に心地よく触られれば触られるほど心の平安を保ち、安らぐからです。それはストレスを解消し、ホルモンの分泌を活発にすると言われております。

日本人はこのボディタッチが苦手だといわれております。でもそうですね、見渡してもあまりそういう光景を目にする事はありません。社会的に人目につくところではそのようなことをするのはみっともないという考えがまだあるからでしょうか。

それからあまりべたべたと一緒にいるというのが苦手な人が多いのもあるでしょうね。自分でいうのもなんですが、私もあまり得意ではありません。(誰も聞いていないって)

そこで今日オススメするのは3)のマッサージ(特に指圧)です。これならボディタッチが苦手な方でも手軽に行なえ、相手にも喜んでもらえます。身体にもいいし、一石二鳥というところです。

それでは愛が深まるマッサージ法をご紹介してまいりましょう。
PCO
身体中には多くのツボがあります。

愛の深まるマッサージ法(1)~ツボ刺激法・指圧法

マッサージ法の中で最も簡単に出来るのが指圧です。指でツボを押す事によって身体を調整する訳です。それではツボとはどんな意味を持つのでしょうか?

東洋医学では体内をエネルギーが循環する道筋のことを「経絡(けいらく)」と呼びます。そして内臓に病気が発生するとその臓に関係する経絡に異常が発生します。その中で特に反応が強い場所が「経穴(けいけつ)」、いわゆる「つぼ」です。このつぼを刺激すると身体が正常化することが長年の経験からわかっております。

この部分を指で刺激するのが指圧、針で治療するは針治療、お灸を使うのが灸治療となるわけです。通常、鍼灸師はこれらの技を症状によって使い分けます。しかし、夫婦間で行なうのには何も道具の必要のない指圧が適しているわけです。

じゃあどのようなツボを押すといいのでしょうか?2つの方法があります。それは既にここが良いとされるつぼを刺激すること、もう1つは身体全身の押して心地よい部分や少し痛む部分を探し、そこを適度に刺激することです。それでは妊娠に効くツボをご紹介しましょう!