子宮頚がんとは……部位もがん細胞の種類も「子宮体がん」とは異なる

問診のイメージ

性交渉の経験がある女性なら誰でもなる可能性がある子宮頸がん。若年層も注意が必要です


子宮には頚部と体部があります。ごく簡単に言うと、入り口の部分にできるのが「子宮頚がん」で、性体験のある女性なら誰でも可能性のあるがんであります。

もともと日本人は子宮頚がんの方が多く、子宮頚がんと子宮体がんの割合は9:1くらいでした。最近は子宮体がんも増えてきていますが、それでも6:4くらいの割合と言われています。子宮頚がんと子宮体がんの違いについては、「子宮「頚」がんと子宮「体」がん」をあわせてご覧ください。

そして子宮体がんと子宮頚がんの違いは、できる部位だけではありません。細胞の種類も違います。子宮体がんが大抵「腺がん」と言われるものなのに対し、子宮頸がんは「扁平上皮がん」という種類のがんです。
 

子宮頸がんの原因……多くは性交渉によって感染するHPVウイルス

子宮頚がんは40%くらいが40代に集中していますが、たとえ10代でも安心はできません。これは、子宮頚がんを引きおこす原因に、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスの一種がかかわっている可能性が高いためです。HPVは性交渉によって感染するといわれています。

つまり、「性体験がある場合、年齢に関わらず誰でもリスクがあるがん」ということもできます。1度の性交渉でも感染する可能性はありますが、性体験が多い場合や、出産・妊娠経験が回数が多い場合に、なりやすい傾向があります。
 

子宮頚がんの主な症状……最初は自覚症状なし・無症状の怖さ

子宮頸がんは、最初は自覚症状がないことがほとんど。無症状のうちに病気が進行すると
  • 生理でもないのに血が出る不正出血がある
  • 性交渉の後に出血する
  • おりものに血や膿が混じる
といった症状が出現します。
 

子宮頸がんの検査法……細胞診

がんを発見するためには、めん棒やブラシで子宮頚部を軽くこすって、がん細胞がいないかどうかを確かめる「細胞診」という簡単な検査を行います。痛みもないため麻酔もいらない簡単な検査です。企業の健康診断に入っていることもありますが、産婦人科であればどこでも受けることができます。1年に1回は受けるようにしましょう。また、HPVに感染しているかどうかも同様に検査で調べることができます。
 

子宮頚がんの治療法……初期なら部分切除

細胞診では採取した細胞のいわば「顔つき」を調べます。がん細胞とは、もともとは自分の正常な細胞が、だんだん変化して悪くなってしまったものだと考えてください。つまり、正常な細胞が「いい顔つき」をしているとすると、がん細胞は非常に「悪い顔つき」になってしまっているのです。

その顔つきの変化の悪さの程度が「クラス分類」です。クラス分類は1~5までの程度に分類できます。ちなみに1が正常です。顔つきの悪さによって正常なのか、ちょっとあやしいけれどしばらく定期的に様子をみておけばいい状態なのか、子宮の表面にとどまっている「上皮内がん」なのか、深くまで進行している「浸潤がん」なのかが大体わかるわけです。

ごく初期の段階で早期発見することができれば「円錐切除術」という子宮の入り口の一部だけをとる手術が一般的です。しかし、進行すれば子宮全摘出術といって、子宮を全摘出しなくてはならない可能性が高まり、さらに進行すれば卵巣などの子宮の周りの組織も摘出する「広範子宮全摘出術」やリンパ節も取らなければならない「リンパ節郭清」の必要も出てきます。さらに、手術ができない人に対してや、手術前や手術後の追加療法として、放射線や抗がん剤を使うこともあります。

子宮頚がんは早期発見・治療すれば治癒率も非常に高く、その後の妊娠・出産も可能です。検診を受けて早期発見を目指しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項