子宮頚管ポリープとは

子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープはガンなどの悪性に変化することはほとんどなく、深刻な病気ではありません。ただし、妊娠してポリープが見つかると妊娠に悪影響を及ぼすことがあるため、妊娠前には婦人科検診を受けましょう。

ポリープとは、粘膜が増殖してできたキノコ状のやわらかい突起のことをいいます。子宮にできるポリープは子宮頸管ポリープと子宮内膜ポリープがありますが、そのほとんどは子宮頸管ポリープです。

子宮頸管ポリープとは、子宮と腟を結ぶところの子宮頸管の粘膜が増殖し、子宮口からはみ出して、腟の方に垂れ下がったようになるものです。ポリープは、ほとんどの場合1つですが、複数できることもあります。大きさは米粒(2~3mm)~親指大(1cm程度)くらいになることもあります。30~40歳代で、多産をされた女性に多く見られます。原因はよくわかっていませんが、女性ホルモンの影響や、細菌が感染して炎症を起こすことが関係していると考えられています。

子宮頸管ポリープの症状

痛みはありませんが簡単に出血するようになります。子宮頸管ポリープは組織がもろく軟らかいため、性交時や激しい運動の後などに不正出血したり、おりものが増え、血が混じることもあります。しかし、症状がないことも多く、健診でみつかることがよくあります。

子宮頸管ポリープの検査

膣鏡や子宮鏡などを用いて診察、診断します。子宮口は簡単に目で見える部分ですので、診断も簡単です。そして、子宮がん検診では、子宮口を観察しますので、症状のないポリープがみつかることがよくあります。妊娠してポリープが見つかると、妊娠に悪影響を及ぼすことがありますので、妊娠前に婦人科検診を受けることをお勧めします。

子宮がん検診を受け頸管ポリープがみつかり、びっくりされる方がよくいらっしゃいます。頸管ポリープがガンなどの悪性に変化することはほとんどどありませんので、心配ありません。今後妊娠を考えている方は、妊娠前にみつかったことはラッキーです。ポリープの切除は簡単にできますので、早めに治してしまいましょう。

子宮頸管ポリープの治療

原則的には切除して、組織検査を行い、悪性かどうかを検査します。症状がなく、悪性の可能性が無い場合は経過をみることもあります。切除する場合、根元が細いものであれば外来で鉗子という器具でたいした痛みもなく取ることができます。根元が太い場合は切除に出血をともなうので手術室で切除することになりますが、手術は短時間で終わる簡単なものです。妊娠を考えている方は、ポリープが妊娠に悪影響を及ぼすことがありますので、妊娠前に切除した方がよいでしょう。

妊娠中の子宮頚管ポリープ治療は慎重に

妊娠を確認する時の診察では子宮口を観察しますが、この時にポリープが見つかることがあります。妊娠中に発見された頸管ポリープの治療は、切除することにより妊娠子宮に影響を与え、流産や破水を誘発するリスクがあるという否定的な考え方と、ポリープ自体が出血や感染の原因となるので予防的に切除したほうがよいという肯定的な考え方があり、悩ましいところです。

症状のないポリープは、妊娠に影響することはあまりありませんので、流産の可能性のある時期は様子をみて、胎盤が完成する妊娠4ヶ月以降に切除することがあります。しかし、妊娠に悪影響を及ぼしそうな場合、妊娠週数に関わらず治療したほうがよいでしょう。ポリープと妊娠の状態、妊娠への影響について医師とよく相談し、方針を決める必要があります。

頸管ポリープは再発することもあります

子宮頸管ポリープを取り除いてもまた繰り返しできてしまうことは、よくあります。原因である炎症が改善されていなかったり、切除したときに根っこが残っていたりするのが理由です。ポリープを切除し治療した場合でも、定期健診を続けることが必要です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。