晩婚・出産回数の減少も子宮内膜症の原因

不妊の原因にもなる子宮内膜症。早期発見して上手に付き合っていきましょう

不妊の原因にもなる子宮内膜症。早期発見し上手に付き合っていくことが大切

子宮内膜症は、本来子宮の中だけにあるはずの「子宮内膜」という組織が、卵巣や子宮筋層や肺など、子宮以外の場所に発生してしまう病気。子宮内膜は毎月月経の時期に出血するため、子宮以外で内膜が増殖すると卵巣や子宮の壁の中に古い血液が溜まり、痛みが起きるようになります。なぜ子宮内膜が卵巣やその他の場所にできてしてしまうのかは、残念ながらまだはっきりと解明されていません。

内膜症は、生涯の月経量が多ければ多いほどリスクが高くなるといわれています。つまり、初潮を迎えてすぐに妊娠・出産・授乳を繰り返していた昔の女性は、妊娠・授乳中の生理がない期間(生理的無月経)といわれる期間が長かったので、内膜症に悩まされることもあまりありませんでした。現代は、妊娠する年齢が遅くなり、一生のうちに出産する回数も少なくなってきたせいで、20代~30代で子宮内膜症になる人が増えてしまっているのです。

子宮内膜症の主な症状は月経痛

子宮内膜症の主な症状は以下の通りです。
  • 月経痛がひどい。または年々ひどくなる
  • 月経量が多い
  • 排便時や性交時に引きつるような痛みがある
まれなケースでは、腸に内膜症があって月経のたびに血便が出たり、肺に内膜症があって月経のたびに肺に穴が開いて胸が苦しくなるという人もいます。内膜症が見つかるきっかけとして最も多い症状は、やはり「月経痛」。毎月寝込むほどの痛みがある、痛み止めが効かない、あるいは効きにくくなってきたなどの症状がある人は早めに婦人科で調べてもらうことをお勧めします。

例え明らかな内膜症の所見がなくても、内膜症のごく初期である可能性もあるため、痛みに対してピルや黄体ホルモンによる治療を開始しておいた方がいいでしょう。

月経痛が全くない人でも内膜症のリスクはあります。月経痛はほとんどないけれど、検診を受けたら内膜症の一種である「チョコレートのう腫」が見つかったというケースもあるのです。内膜症は基本的に月経がある間は進行していく病気なので、できるだけ初期の段階で発見し、それ以上進行しないように治療を始めることが大切です。

子宮内膜症の検査法

内膜症の診断は、症状の問診や内診、超音波検査やMRIなどの画像検査と腫瘍マーカーを組み合わせて行います。月経痛がひどく、内診で癒着が疑われる場合は「内膜症の疑い」ということになります。ただし、確実に内膜症と確定診断をするためには、お腹に小さな穴を開けて内視鏡を入れる「腹腔鏡検査」をするしかありません。腹腔鏡以外の検査で内膜症であると「確定診断」することはできないのです。

実際は、内膜症の疑いがある人全員に腹腔鏡検査をするわけにはいかないので、超音波で明らかな卵巣の腫れが見つかったり、子宮がはれぼったくなっていたりすれば「子宮内膜症の疑いが強い」と判断し、治療を行っていきます。検査の目的だけで腹腔鏡手術をすることはあまり多くありませんが、妊娠を望んでいてお腹の中の癒着の程度や卵管の通り具合を確認しておいた方がいい場合は、腹腔鏡検査をすることがあります。内膜症は不妊の大きな原因の1つなので、早い段階で診断をし、必要な治療を行っていく必要があるためです。

内膜症かどうか不安な方は、まずは婦人科で内診と超音波検査を受けてみましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項