子供を産む人と産まない人では病気のリスクが変わります
子供を産む人と産まない人では病気のリスクが変わります。
子供を産む、産まないは個人の選択肢。でも、産む人と産まない人ではそれぞれ病気のリスクが違うってご存知ですか?

今回は「産むと産まないで何が変わる?!それぞれの気をつけたい病気について」をお届けいたします。

・産まない人がかかりやすい病気……1P
・産んだ人がかかりやすい病気…………2P


<CONTENTS>  

産んだ人と産まない人で症状が変わる!?
PMS(月経前症候群)

出産前後で症状が変わる病気もあります!
出産前後で症状が変わる病気があります!
PMS(月経前症候群)は出産前後で症状が変わることが知られています。

出産経験のない人では『下腹部痛、頭痛、肩こり、乳房が張る・痛い』といった身体的な症状の訴えが強いのですが、出産を経験したことがある人では『アレルギー、イライラする、怒りやすい、攻撃的になる、自分をつまらない人間だと思う、健康管理ができない、家族に暴言をはいてしまう』など、精神的・社会的な症状が目立つようです。

原因は女性ホルモンの影響だといわれていますが、はっきりしません。PMSの対処法はいろいろありますが、一番の対処法は『自分をPMSだと認識すること』だといわれています。もし、いつも月経前にこういった症状に思い当たるようでしたら、PMSかどうかチェックしてみましょう。(自宅でできるPMS対策~生活編 PMSチェック表

PMS関連リンク 次のページでは、妊娠・出産していない人が注意する病気についてお話いたします!>>