チョコレートのう腫ってなあに????

「チョコレート」と聞くとなんだかおいしそうですが(・・・)、あんまりいいものでもありません。「チョコレート」というのは、ただ見た目のお話です。
血の塊って見たことありますか?
チョコレートのう腫という名前がどこからきたかといいますと、卵巣にできてしまった子宮内膜症が毎月の生理のたびに出血し、卵巣内に血がたまってしまい、その状態がちょうど溶かしたチョコレートのように見えるので「チョコレートのう腫」というのですね。
また、たまった古い血の塊はちょうど、袋状のもの(=のう腫)に見えます
つまりは見たまんまの命名法なのですね。意外と単純ですね。


少し寄り道しますが、それでは子宮内膜症ってなあに?

子宮内膜とはその名のとおり、本来なら子宮の内側をおおっていて、女性ホルモンの作用をうけて増殖したり、剥がれ落ちたりする部分です。ま、いうなれば赤ちゃんのためのベットですね。ところがこの子宮内膜が本来ある子宮の内側以外のところにできて、月経のたびに増殖→剥離を繰り返すのを「子宮内膜症」といいます。

つまり、子宮内膜症というのは「子宮内にあるはずの膜が他のところにできてしまう症状」のことなのですね。

これが卵巣内にできると上のような「チョコレートのう腫」を形成しますが、実は体中いろんなところにできます
よくあるのは子宮の表面とか、卵管など骨盤内ですが、たまに、肺なんかにできることもあります。(←生理のたびに血痰が出るので病院にいったら子宮内膜症と診断される、なんていうケースもあるのです。恐ろしいですね。)
また、骨盤内にできて、何度も出血を繰り返していると、そのうち骨盤内の組織が癒着して「凍結骨盤」というがちがちの骨盤ができてしまいます。
子宮内膜症の代表的な症状だんだん強くなってくる月経痛や、性交痛(←癒着した骨盤内の臓器が無理にうごかされるためのようです)、不妊(←はっきりした因果関係はまだ解明されていないようですが、たとえば、卵管に内膜症が起これば、卵管が癒着して卵子が通過できなくなりますものね。でも、内膜症があっても妊娠、出産をしている人はたくさんいますので・・・・)などです。

子宮内膜症とは、ほっておくと不妊になったり、子宮や卵巣の摘出なんていう事態になってしまったりするので、早期発見、早期治療が肝心です。

子宮内膜症については今回はこれくらいにして、チョコレートのう腫のお話に戻りましょう。
免責事項