歯並び悪くても虫歯にならない方法

歯並びの悪い方におすすめなのは、ブラッシング後に「デンタルフロス」を利用することです。デンタルフロスとは、糸のようなもので歯と歯の間のプラークを除去するために使用します。

歯並びが悪い場合、歯と歯の間に歯ブラシが届かなくても、デンタルフロスを使用すれば、プラークは綺麗に取れます。歯並びが良い人と同じようにプラークコントロールが出来るのです。

さらに咬み合わせなどを時々歯医者さんなどで調整してもらうことでも、歯にかかる負担やストレスが減少させることが出来ます。



-関連リンク-
今から間に合う!プラークコントロール
タバコのヤニや歯の汚れをキレイにするには?
オーラルケアシリーズ Vol.1 効率的な歯磨きの方法とは?
オーラルケアシリーズ Vol.2 歯磨きのうそ?ホント!
オーラルケアシリーズ Vol.3 30代からのフロス・歯間ブラシ
オーラルケアシリーズ Vol.4 今話題の輸入歯磨き粉BEST5

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項