ホワイトニングの他にも歯を白く、形まで整えられる方法があることを知っていますか?最近、歯のホワイトニングでは到達できない白い歯とキレイな歯並びをした芸能人を見かけることがあります。中にはこのラミネートベニア法を利用している方もいるかもしれません。

実は歯のホワイトニングが今ほど一般的ではなかったころは、歯を白くするのはこの「ラミネートベニア法」が多く使われていました。最近は、貼り付ける材料の進歩によって、再び注目され始めています。

≪Vol.1≫「ラミネートベニア法」って?
≪Vol.2≫魅惑のホワイトニング
≪Vol.3≫歯のホワイトニング体験記 vol.1
≪Vol.4≫歯のホワイトニング体験記Vol.2

ラミネートベニアとは?

自分の歯の表面をごく薄く削り、その部分に歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。ネイルチップと違い一度つけたら外せません。材料は一般的にはセラミック(ポーセレン)などが使用されます。
歯の色を明るい順に並べてみるとこのようになります。
歯の色は人によって異なり、白くする方法もさまざま

メリット
  • 色だけでなく、形(すきっぱなど)も短期間で修正可能
  • ホワイトニングでの「白」よりもっと白くできる
  • 生まれつき色が濃い歯でも、短期間で白い歯になる
  • 色が元に戻ることはない
  • 削る量が少ないので痛くない、麻酔は基本的には不要
デメリット
  • 自分の歯を削らなくてはならない
  • ホワイトニングに比べて高価
  • 使っていくうちに貼り付けたところが割れたりすることがある
ラミネートベニアは、自分の歯を少し削る必要があります。歯のホワイトニングよりもかなり白く、少しの歯並びの修正であれば矯正を行なうよりもはるかに短期間(概ね3~5回)でキレイな歯並びと真っ白な歯を手に入れることができます。

次のページは、ラミネートベニアの注意点に続きます。