<オルソケラトロジーシリーズ>
【第1回】話題のオルソケラトロジーとは?
【第2回】オルソレンズ処方向きの人とは?
【第3回】オルソケラトロジーFAQ

近視を矯正するオルソレンズとは
近視を矯正するオルソレンズとは
「オルソケラトロジーとは?」[目の健康]で最新の屈折矯正技術のメカニズムをお分かりいただけましたでしょうか。近年は、近視の治療にもいくつかの選択肢があり、自分にとってどの治療が適切なのか比較検討している方が多いでしょう。

そこで、検討材料を提供するため、治療に使うオルソレンズとは?オルソレンズ処方の治療を受けるのに向いている人とは?についてご説明しましょう。

<INDEX>
オルソレンズとは?...P1
オルソレンズ処方向きの人とは?...P2



オルソレンズとは?

オルソレンズは、超高酸素透過性で安全性の高い素材のハードコンタクトレンズです。一般的に眼科医院で使われるオルソレンズは、ISOの基準を満たし、アメリカの連邦食品医薬品局(FDA)により、その安全性を確認され、承認を得ているものです。

<オルソレンズのデザイン>
角膜の中央部の形を凹レンズ化し、周辺部を盛り上げる形状にしています。

<オルソレンズの種類>
オーダーメードとインヴェントリレンズがあります。オーダーメードの場合は、患者の角膜の形状に合わせた注文生産になるため、一つ一つ欧米の研究所に注文することになり、出来上がって取り寄せるまでに1~2ヶ月かかります。特別な場合でなければ、一般的にはインヴェントリレンズ(「既製品」の意味)が処方されています。

オルソレンズ図解はこちら「オルソケラトロジーとは?」[目の健康]

さて、あなたはこのオルソレンズ処方に向いているのか、年齢、視力回復目標、治療の手間や期間、ライフスタイルから自己分析してみましょう。

次のページは、オルソレンズ処方向きの人とは?>>