自分に似合うメガネとは、ワンパターンだけでないはず。季節や流行、ファッションに合わせて着替えて欲しい。そんな商品提案をしてくれるのが、首都圏でも出店拡大をしているZoff。今回は、表参道店を訪問して人気の秘密をさぐってみました。

メガネを着替えて新たな自分を発見!

明るく気軽に立ち寄れる、Zoff表参道店
明るく気軽に立ち寄れる、Zoff表参道店
「Zoffというと、3プライスのお手軽価格設定で有名ですが、メガネを着替えられる楽しみを味わってもらう工夫や努力をしていることをアピールしたいですね」と話す、副店長の岡村尚志さん。

着替えられる楽しみをチャレンジとするならば、品質は良いままに、手軽さや気軽さを提供するバックグラウンドが必要なはず。そこで、価格のみではなく、接客サービス、ディスプレイ、商品渡しなどのこだわりをうかがいました。

  • デザインのオリジナル性

    販売する商品は、すべて自社ブランド。社内デザイナーがデザインし、中国で生産されているそうです。

  • お手軽3プライス設定

    レンズ、フレームあわせて、3プライス設定。レッドカラーシール5,250、ブルーカラーシール7,350、イエローカラーシール9,450(すべて税込み)という、商品に添付されているシールの色で、ひとめで判別できます。デザイン、生産、販売を一環システムとして実現しているため、高品質のままのお手軽価格なのだそう。

  • 頻繁な新商品サイクル

    月に2回の新商品導入をしているそうです。季節の変わり目には、大幅に商品の入れ替えを行っているとのこと。季節や流行、ファッションに敏感な方を満足させる商品ラインナップを心がけているそうです。

  • 自由にセルフサービス

    一般のメガネ店のように、じっくりと対面接客をあえてしていないとのこと。ファッション雑貨を選ぶ感覚でセルフサービスで商品を気軽に選んでほしいそうです。

  • お待たせしない商品渡し

    店舗で、検眼10分、メガネ作成に30~40分という、短時間で商品渡しができるシステムを整えているそうです。これは、ジーンズの裾上げと同じように、買ったその場で商品受け取りができると、完成品をすぐその場で
    確かめられる安心感があります。

    *メガネ制作は、特注レンズ、カラーレンズの場合などは、制作期間をもらう場合があるそうです。

  • ファッション雑貨店のような店作り

    ウィンドウ側のカラフルな検眼コーナー
    ウィンドウ側のカラフルな検眼コーナー
    お店全体がオシャレなディスプレイ、売れ筋ディスプレイなど、店内を歩きまわってメガネを試せる、楽しいしかけづくりがあります。また、表参道店は、窓際に検眼するマシーンを配置。検眼がひとつのパフォーマンスのようです。

  • 親しみやすいドッグキャラクター

    ハスキー犬の子犬がメインキャラクター。いろんな犬のかわいいモチーフを、レンズクリーナーなどに利用。

    次のページでは、岡村さんによる「これだけは守って欲しい。メガネの誤った取り扱いに注意」>>