角膜炎
レーシック手術の後に病気に?
東京都内の眼科病院でレーシック手術を受けた患者のなかで、なんと639人のうち67人、つまり10%以上が感染性角膜炎の健康障害が発生したと、東京都中央区保健所が発表しました。

これまでレーシックを受けた方、またこれから受けようか検討中の方、この病気がどのようなものか興味シンシンのことでしょう。そこで今回は、感染性角膜炎をとりあげます。

感染性角膜炎の症状

角膜はとても敏感な部分なので、下記の症状が急に同時に出て、大変悩ましい状態が続きます。

・眼の痛み
・異物感
・視力低下
・目の充血
・めやにが出る

レーシック手術後、このような症状が発生したら早急に眼科病院(レーシック専門病院ではなく)で検査と診断をうけてください。

感染性角膜炎の治療

これらの症状が出た場合は、眼科医の指導に従い、適切な治療をうけてください。

・抗菌薬の目薬を点眼する
・または抗菌薬を結膜下に注射したり、内服する場合もあり
・眼軟膏をつける

この病気は、レーシック手術を施術した病院側の衛生管理が改善しない限り、発生を防ぐことはむつかしいものです。治療器具の滅菌などは、病院として必要最低限の配慮ですが、人員配備や院内教育などが不十分なために、このような多数の健康障害が発生もおこりうるのです。事前の病院選びと評判など十分に吟味したいものです。

【目の健康 オススメ人気記事】
 1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
 2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
 3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
 4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
 5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項