韓国から非喫煙女性の報告!

白菜キムチ
キムチの国からの報告・・・・
米国の研究では、東洋系の人間の比率が少ないので、そのまま日本人に当てはめる事が困難です。お隣の韓国で女性のBMIと疾患に関する報告がありました。韓国では女性の喫煙率が低いので非喫煙女性の約40万人、10年間の追跡期間の分析結果です。なお平均のBMIは23.2kg/m2でした。死亡原因を癌、動脈硬化性心疾患、呼吸器疾患などに分けているので日本の分析とは異なる点もあります。興味深いのは、痩せていると呼吸疾患が多いという報告です。

結論としてはBMI 23.5-24.9kg/m2が、もっとも死なないという事になりました。BMI 18.5kg/m2未満では、死亡する確率が上がっています。日本の報告と異なり、BMI 25-29.9kg/m2で、少し死亡する確率が上がっています。BMI 30kg/m2を越えるとさらに死亡する確率が上昇します。

BMIと死亡する確率の関係は年齢が上がると小さくなります。50歳までは、BMIが高くなると死亡する確率が上昇しますが、50-64歳では確率の上昇が減って来ます。64歳を越えると差がなくなります。という事は50歳までが大切ですね。




BMI23.5-24.9kg/m2を目指そう!

BMI=22kg/m2ではなくて、50歳前にBMI 23.5-24.9kg/m2を目指そうという事に結論になります。

女性の平均身長の160cmだとBMIの計算の分母は1.6m×1.6=2.56m2です。BMI 23.5-24.9kg/m2に相当する体重は58-62kgという事になります。


All Aboutのリンク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項