呼吸法をやってみよう!

 yoga.jpg
呼吸をしているときは何も考えないでリラックスしましょう。
最近、話題のヨガ。美容のためだけではなく、疲労回復やリラックスにもとても効果的です。そんなヨガも、実はポーズを取ることよりも呼吸の方が大切なのです。今回は、ヨガで行われる基本の呼吸法であるプラーナーヤーマ呼吸をご紹介しましょう。

呼吸法が終わったら、すぐに寝ることができるように、寝る準備を整えてから行いましょう。


~寝る前に行う呼吸法~
1. 部屋は薄暗くする。キャンドルなどの優しい灯りをともして。
2. 音楽はなくてもよいが、かけるなら波の音などのリラクゼーションの音楽を。
3. アグラ、正座など背筋が伸びる方法で座る。椅子に座ってもよいので楽な方法で。
4. 両手は自然に膝の上に置く。
5. おへその下5cmほどの「丹田」に上半身の重心をかける。
6. 軽く目を閉じ、意識を「丹田」に向ける。
7. 口を閉じて舌の先を上前歯の裏側と歯茎の間につける。
8. 両鼻から息を静かに吐き出す。5秒ほどかけて。
9. 残らず吐ききったら、2秒ほどそのままでいる。
10. 両鼻から5秒ほどかけて静かに息を吸う。胸全体を空気で満たすイメージで。
11. 吸いきったら2秒ほどそのままでいる。
12. これを15~30分ほど繰りかえす。

最初のうちは座っているだけで疲れるかもしれません。しかし慣れてくると楽にできるようになります。

忙しいときこそ、意識的に心と体を“OFF”にする時間が大切。呼吸法で全身をリラックスさせることで、副交感神経が優位となりぐっすり眠れるようになり、朝が爽やかに目覚めることができます。時間がない人は、1日5分でもいいので行ってみましょう!



【 関連リンク 】


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項