高脂血症治療薬が寝つきを良くする?

「白い薬」
1つの薬が2つ以上の病気に効く可能性があります
日本人の研究者が、高脂血症治療薬の フィブレート に体内時計の調整作用があることを、マウスの実験で明らかにしました。

マウスは主に夜間に活動しますが、フィブレート を混ぜた餌を食べたマウスは、活動時間が3時間早まり、夕方に当たる時間帯から活動を始めるようになりました。また、体内時計の遺伝子が最も良く働く時間も、3時間ほど早くなっていました。

さらに、活動時間が後ろにずれている 睡眠相後退症候群 のマウスに、フィブレート を投与すると、活動時間が正常マウスと同じ時間帯になり、フィブレートの投与をやめると、段々に元の活動帯に戻っていきました。

あなたが高脂血症の治療中で、しかも 宵っ張りの朝寝坊 タイプの睡眠障害があるのなら、主治医に一度、「フィブレート系の薬を下さい」と、頼んでみては如何でしょうか?


バイアグラが時差ぼけに効く?

夜景
海外でも楽しく過ごしたいですね (photo: Nicolas17)
話題の男性機能不全治療薬 バイアグラ を注射すると、時差ぼけからの回復が早まる可能性があることが分かりました。ただしまだ、ハムスターの実験で確かめられた段階ですが……。

アルゼンチンの研究チームの実験では、体重1キロあたり10ミリグラムの バイアグラ を注射したハムスターは、注射しなかったハムスターに比べて、半分の日数で時差ぼけから回復しました。これは バイアグラ が、体内時計を調節する神経に作用して、時差ぼけ解消が早めたと考えられます。

これから研究が進むと、パートナーとの海外旅行には、バイアグラ が必需品になるかもしれませんね。

【関連サイト集】
「睡眠薬・睡眠改善薬・漢方薬」


次のページでは、 セクシーな夢 の調査結果をご紹介します。