ここ数年の傾向として、マンションというスケールメリットを活かした建物全体での機能や設備の充実を図るマンションが増えています。記事『独身がマンションを買う理由』でご紹介したように、シングル男性が「インターネットマンション」を高いレベルで要求し、さらにマンションの存在そのものへステイタス感や高級感を求める傾向は、1戸1戸の住戸だけではなく、マンション全体の付加価値を高める必要性があることを供給者側に十分伝えているのではないでしょうか。今回ご紹介するマンションも、マンションのスケールメリットを活かした、入居者専用の天然温泉付きのマンションです。

「温泉付きマンション」とひとくくりで言っても、中身は少しずつ違いますので詳細を確認しなければなりません。今回取り上げたのは、大阪市中央区にできる「プラネ・ルネ スプリングスタワー大阪」。入居者専用の天然温泉・温浴施設が用意されています。


地下835mから湧き出る天然温泉は、「檜」と「岩」で愉しめる


仕事で疲れて帰宅、そんなあなたをこんこんと湧き出る天然温泉が出迎えます。ほんの少しゆったりとした浴槽につかるだけでも気持ちが良いのに、天然温泉の大きなお風呂。しかも檜風呂と岩風呂となれば、仕事の疲れやストレスも癒されるに違いありません。利用時間は23時までなので、深夜の帰宅の際には我慢しなければなりませんが、温泉に入りたいばっかりに帰宅時間が早まり、時短と規則正しい生活が実現する、との効能も期待できますね。


ヒノキの香りに包まれた大浴場。温泉旅館に宿泊するなどしなければなかなか体験できないのでは…?



自然岩を用いた岩風呂。あなたは「檜風呂」派?それとも「岩風呂」派?お気に入りを見つけてくださいね。男湯と女湯で一週間交替の予定です。



泉質は和歌山県・龍神温泉に同じ


気になる泉質ですが、和歌山県の龍神温泉と同じ「ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩温泉」。もちろん、温泉分析表のお墨付き。「美人の湯」と呼ばれ、保湿性が高く体がよく温まり、肌が滑らかになるなどの効果がある嬉しい泉質となっています。効能は以下のとおり。冷え性、疲労回復に効くとあれば、毎日一生懸命に働いているシングル層にもとても魅力的です。

■健康増進、冷え性、病後回復期、疲労回復
■慢性消化器病、痔疾、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
■うちみ、くじき、きりきず、やけど
■神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり  など…

「大阪市内になぜ温泉?」と不思議に思う方もおられることでしょうが、これは地下約835メートルから湧き出る摂氏38.5度のお湯を利用してのもの。これも地上35階建て、総戸数269戸の大規模マンションだからこそ大掛かりな工事が可能となったと言えそうです。


天然温泉だけではない。サウナルーム等も充実!


温泉だけでも気持ちよいのですが、「ドライサウナ」「スチームサウナ」とサウナルームも充実。健康維持に欠かせない、新陳代謝の促進に効果が期待できますね。また、マッサージチェアのある「ヒーリングルーム」やプロのマッサージサービスを利用できる「リラクゼーションルーム」、他に大画面スクリーンと本格サラウンドシステムでビデオやDVDを大迫力で鑑賞できる「シアタールーム」などの施設も充実。心と身体を満たされるのは、お風呂好きだけではありません。


温泉の後は、高機能のマッサージチェアで疲れたカラダをさらに癒してくれそう。ヒーリングルームとは別に、マッサージサービスが受けられる「リラクゼーションルーム」も利用できる。


「とにかく大きなお風呂が欲しい」とお風呂にこだわるシングルは意外と多いのですが、あなたはいかがでしょう。次ページでは、物件スペックやコンシェルジュサービスについて見ていきましょう。