最近コンビニにでかけると、「アミノ酸飲料」といわれる飲料が棚に一杯並んでいますよね。

あれだけ一杯あると、なにがなんだかわからないけれど、なんとなくカラダにいい気がして、買ってしまいますよね。でも、一体アミノ酸飲料はどんな風にカラダに働くのでしょうか。

今回は「アミノ酸飲料」についてお届けします。




アミノ酸ってそもそも何?

アミノ酸ってそもそも何?
アミノ酸って何?
アミノ酸とはタンパク質を構成する最小限の単位のこと。炭水化物や脂肪、タンパク質といった栄養分は、ヒトの体の中で消化、分解されますが、タンパク質が分解された最後の姿がアミノ酸です。イメージとしてはパールのネックレスを想像してみてください。ネックレス全体がタンパク質、真珠一個一個がアミノ酸で、パールをつないでいる糸を切り離してゆくのがタンパク質の「分解=消化」という感じです。

ちなみに人間の体を作っているアミノ酸の種類は20種類。(パールにも普通のパールとピンクパールがあるようなものです)。そのうち9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれ、体内で合成することができないので、食事として摂取することが必要になります。

アミノ酸は筋肉、ホルモン、内臓、皮膚、髪の毛の原料などとして体の中でさまざまな働きを担っています。


「アミノ酸」、「ペプチド」、「タンパク質」、「プロテイン」、これって全部同じモノってホント?

ある意味ホントです。「タンパク質」を分解した最小単位がアミノ酸です。ペプチドというのはアミノ酸がいくつかつながった状態。タンパク質がアミノ酸に分解されてゆくうちの中間物質だと思ってください。「プロテイン」は「タンパク質」を英語にしただけですが、商品名になっている場合は「タンパク質を補給する補助食品」というニュアンスのことが多いようです。

次のページでは、アミノ酸飲料について教えて!どんな違いがあるの? >>