ウイルス対策はもちろん、パソコントラブルは予期せぬ事態を招くことも。普段からしっかり予防しましょう

ウイルス対策はもちろん、パソコントラブルは予期せぬ事態を招くことも。普段からしっかり予防しましょう

個人事業主であるSOHOにとって、オフィスのセキュリティ環境を整えることは当たり前のことです。それは、いくらあなたが自宅の一室で仕事を行っていても甘えは許されません。インターネットセキュリティはもちろん、文書やデータなど管理体制についても見直してみましょう。

パソコン・サーバーなどのアカウントの徹底管理

大きな組織の中で仕事をする機会の少ないSOHOワーカーの中には、日常パソコンを開くのが自分だけのせいか、パソコン起動時のパスワードを設定していない人がいます。これはとても危険なこと。今すぐアカウント分けを行いパスワードを設定しましょう。

脅かしてしまうようですが、パソコンにパスワードをかけても、それを解除するソフトもあるし、ハードディスクだけを抜き取って別のパソコンで使用されてしまうケースも起こっています。中に保存しているデータやファイルについても、個人情報を伴うものや重要なものについては、それぞれに暗号化することをおすすめします。

レンタルサーバーを使用しているのであれば、サーバー管理も重要です。以下の事例があった時は、すぐにパスワードの変更を行いましょう。
  • ホームページ作成を依頼し、業者にパスワードを教え作業が終了した
  • クライアントとFTP送信し、ファイル限定ではあるがパスワードを教えた
  • サーバーに見覚えのないファイルが入っている
なお、CGIなどを設置する時に設定するパーミッションですが、レンタルサーバーの場合は、グループの権限はゼロに設定することをおすすめします。CGIは705、データファイルは606で実行してみましょう。ご存知の通り、レンタルサーバーはあなただけのものではなく、多くの人がサーバーを共有しています。業者によっては、数値を指定している場合も多いのですが、755の場合、他のユーザーがあなたのCGIファイルを見ることができます。中にパスワードが書いてある場合、容易に書き換えられてしまうケースもあるのです。