「SOHO」という文字が、日常的に使用されることが多くなりました。一般にも浸透してきたとみられるこの働き方は、IT技術の発達に伴い、より身近になってきたといえます。それでは、どのような働き方なのでしょうか。

SOHOの定義

スキルアップ
SOHOで自分に何ができるのか、改めて勉強しなおすことも大切。スキルアップにつとめましょう
SOHOとは、英語の「Small Office Home Office」の略称です。文字通り、小さな事務所や自宅を仕事場とし、情報通信ネットワークを駆使しながら事業を起こした個人事業主をさし雇用されない働き方となります。

財団法人日本SOHO協会が示す定義としては「ITもしくはICT(information and communication technology)―情報通信技術を活用して事業活動を行っている従業員10名以下程度の規模の事業者」としています。ITベンチャー企業などの場合、社員10名で何億円という利益を生み出している会社もあるので、この10人という数値は絶対ではなく目安となっています。実際には定義にかこつけず、10人未満の企業が本人の判断で名乗っているケースが多いようです。

職種についても「主にクリエイター、フリーランサー、ベンチャー、有資格者、在宅ワーク等が対象」とされています。個人事業主であっても、飲食店がインターネットに広告記事を掲載しているケースなどはSOHOとは呼びません。ただし、地酒のネット通販専門店などはICTを駆使して事業を行っているので、SOHOと位置づけてもよいでしょう。

■おすすめサイト
財団法人日本SOHO協会
総務省所轄の財団法人。SOHOの社会的認知の醸成、SOHO事業者のデータベースの整備・管理、人材育成、各種相談、関連する事業の調査・研究開発を行う。