音声起こしの仕事内容と適性

新聞を読む
言葉を知っているかいないかで、仕事に大きな影響が出ます
音声起こしは、音声の内容を聞きながら文字化する仕事です。テープレコーダーにてやりとりがされていたことから、今でも名前として「テープ起こし」と残っていますが、今は大半がICレコーダーで録音された音声データです。また、DVDなどで録画された画像の音声を起こすこともあります。

内容は、雑誌などに掲載されているインタビューや対談の記事、講演会や会議、株主総会、行政の審議会などいろいろな音声を文字化します。
  • 国語が得意
  • 情報を検索したり、調べたりするのが好き、得意
  • 新聞やニュースを毎日見ている
  • 聞いたことがない言葉でも正しく調べられる
  • 人の声を聞き分けることが得意
音声起こしで重要なのは「正しい日本語が使えるか」と「情報検索」。音で聞いた言葉をインターネット検索を利用しながら、いかに素早く的確な文字にするかは、作業時間を短縮化するだけでなく聞き間違いも防ぎます。たくさん語彙を知っているか、情報検索を上手にできるか、国語力のアップ、これが作業をスムーズにすすめるコツといえるでしょう。

■音声起こしの作業単価と必要な機材
  • 作業単価
    60分の音声データにつき数千円~2万円程度
  • 必要な機材
    自分専用のパソコン、プリンタ、スキャナ、普通紙FAX、常時接続された大容量インターネット通信環境、ヘッドホン、トランスクライバー、用事用語辞典
  • アプリケーションソフト
    インターネットセキュリティ対策ソフト、Okoshiyasu2、Microsoft Excel、Word、秀丸などのテキストエディタなど。
■スキルアップ方法
2015年より「音声起こし技能テスト(R)」がスタート。スコア制なので、勉強しながらレベルアップをはかることができます。もちろん、初心者でも受験可能。どんな仕事なのか具体的に試してみてもOK。
DTPの適正とは?