自分だけのツールバーを作ってみよう!」では、オリジナルのツールバーを作成してマクロを登録するためのボタンを配置しました。そして、このボタンにマクロを登録することで、整然と並んだボタンから実行したいマクロを選ぶことができました。今回は、Excelのメニューバーにマクロ用の独自のメニューを作成する方法を紹介します。

メニューを使ってマクロを整理


たくさん作成したマクロ。特別何もしないと、「ツール」メニュー→「マクロ」→「マクロ」をクリックして表示される「マクロ」ダイアログボックスから実行することになります。しかし、びっしりと並んだマクロ名から、実行したいマクロを選ぶのは一苦労です。


独自のツールバーを作成してボタンを配置し、マクロを実行しやすい環境を作ることができますが、ズラリ!と並んだボタンから、絵柄を頼りに実行したいマクロを選ぶのも、ちょっと一苦労です。


区切り線を表示してボタンを上手に分類することで、選びやすくすることもできますが、これにも限界がありそうです。


そこで、今回ご紹介する「メニュー」の登場です。
独自のメニューを作成すれば、マクロを「階層的」に表示することができます。


メニューを使えば、ひとつの親メニューに複数の子メニューを作成できます。言い換えると、いくつかのマクロをグループ化して、ひとつのメニューにまとめることができるわけです。


>メニューの作成方法を紹介する前に、基本事項をわかりやすく整理します!