Excel VBAの使い方/マクロ・VBA

自分だけのツールバーを作ってみよう!(3ページ目)

様々なボタンが並んでいるツールバー。今回は、このツールバーを作成する方法や、ちょっとした活用のヒントについてご紹介します!

緑川 吉行

執筆者:緑川 吉行

エクセル(Excel)の使い方ガイド


ボタンを判別しやすくしよう


さて。ボタンが増えてくると、ボタンイメージだけでは、パッと見分けがつかなくなりそうですね。そんな時のために、追加したボタンには、キチンと名前をつけておきましょう(名前の付け方については、こちらのページの最後の方で紹介しています)。ボタンにマウスポインタを合わせると、ポップアップでボタンの名前が表示されるので、見分けがつきやすくなります。


なお、ポップアップでボタン名が表示されない、という場合は、「ユーザー設定」ダイアログボックスの「オプション」タブをクリックして、「ツールバーにボタン名を表示する」にチェックを付けてください。


また、区切り線を表示してボタンをグループ分けすると、ボタンの整理がついて見分けがつきやすくなります。区切り線を表示するには、「ユーザー設定」ダイアログボックスを表示してからグループの始まりとなるボタンを右クリックし、「グループの始まり」をクリックします。


区切り線が表示されました。区切り線は、設定するときに選択したボタンの「左側」に表示される、と覚えておくと良いでしょう。


このように、ポップアップでボタン名を表示したり、区切り線を表示したりして、ボタンを判別しやすくできますが、その他に、ツールバーを複数作成して、ツールバー単位でボタンを分類することもできます。追加したボタンが多くなってきた場合は、この方法も検討すると良いと思います。

作成したツールバーの削除方法


最後に、作成したツールバーを削除する方法をご紹介しましょう。まず、「ユーザー設定」ダイアログボックスを表示してから「ツールバー」タブをクリックし、ツールバーの一覧から削除するツールバーの名前を選択して「削除」ボタンをクリックします。


削除の確認メッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で Excel 関連の商品を見るAmazon で Excel 関連の商品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます