作成したマクロをボタンに登録してみよう!」で、作成したマクロをボタンに登録する方法を紹介し、「自分だけのツールバーを作ってみよう!」では、独自のツールバーを作成して、そこにマクロを登録したボタンを追加する方法を紹介しました。今回は、作成したツールバーを、他のパソコンでも使えるようにする方法を紹介します。

作成したツールバーの保存場所


独自のツールバーを作成したあと、開いていたブックを閉じたり、Excelを終了したりしても、「作成したツールバーを保存しますか?」といったようなメッセージは表示されません。
実は、作成されたツールバーの情報は、「Excel11.xlb」という名前のファイルに自動保存されています。


つまり、ツールバーはブックとは別の場所に保存されていることになります。したがって、このままでは、自宅で作成したツールバーを、会社のパソコンや他のパソコンで使う、といったことができません。

作成したツールバーを別のパソコンで使うには


そこで、作成したツールバーをブックに添付します。ツールバーをブックに添付すれば、そのブックを開いて、他のパソコンでも作成したツールバーを使うことができる、というわけです。


>その手順をご紹介しましょう。次ページへどうぞ!