ボタンを探しやすくするコツは、区切り線とグループ化

クイックアクセスツールバーにボタンが増えてくると、かえってボタンが探しづらくなってしまいます。そこでオススメしたいのが、ボタンの間に区切り線を表示する設定です。区切り線を表示すると、ボタンがグループ化されたように見えるので、ボタンが探しやすくなります。
ボタンの間に区切り線を表示

ボタンの間に区切り線を表示


区切り線をクイックアクセスツールバーに追加するには、「Excelのオプション」ダイアログボックスの「ユーザー設定」の画面で、区切り線を表示する手前のボタンを選択してから「コマンドの選択」の一覧内の「<区切り>」を選択し、「追加」ボタンをクリックします。
区切り線を表示する設定

区切り線を表示する設定


なお、ボタンの配置を並べ替えたい場合は、「クイックアクセスツールバーのカスタマイズ」の一覧から並べ替えたいボタンを選択し、「上へ」ボタンや「下へ」ボタンをクリックして位置を移動してください。
「上へ」ボタンや「下へ」ボタンをクリックしてボタンの位置を移動できる

「上へ」ボタンや「下へ」ボタンをクリックしてボタンの位置を移動できる



使い勝手を向上させるヒント

Excel2007から採用されたメニュー形式「リボン」。この変更によって「操作上のストレスが増えた」という声も少なくありません。また、選択されていないタブの内容は隠れてしまうため、使用頻度の高い機能が配置された「ホーム」タブなどは、いちいちタブを切り替えないと実行できない状況になります。このような操作上のストレスを減らすには、「使用頻度の高い機能を実行しやすくすること」が大きなポイントとなります。

そこで、オススメしたいのが、今回紹介した「クイックアクセスツールバー」と「ショートカットキー」の活用です。特に、ショートカットキーは、以前のバージョンから変わっていませんし、キー操作だけでExcelの機能を実行できるわけですから、メニュー形式などの画面変更の影響もありません。


クイックアクセスツールバーとショートカットキーを使い分ける

使用頻度が高いと考えられる機能を一覧にしてみました。このうち、特に使用頻度が高く、キー操作がシンプルな機能は「ショートカットキー」、ボタンの方が操作しやすい機能は「クイックアクセスツールバー」による操作をオススメします。
ショートカットキーで実行したい機能

ショートカットキーで実行したい機能


クイックアクセスツールバーで実行したい機能

クイックアクセスツールバーで実行したい機能


カスタマイズしたクイックアクセスツールバー<br>※既定の設定でクイックアクセスツールバーに表示されている「上書き保存」「元に戻す」「やり直し」は、上の表のとおり、ショートカットキーによる操作の方がオススメなので、クイックアクセスツールバーから削除しています。

カスタマイズしたクイックアクセスツールバー

※既定の設定でクイックアクセスツールバーに表示されている「上書き保存」「元に戻す」「やり直し」は、上の表のとおり、ショートカットキーによる操作の方がオススメなので、クイックアクセスツールバーから削除しています。





投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。